座談会@ZDNet

IoTシステムのアーキテキクチャ--集めたデータの使い方:座談会(4) - (page 4)

山田竜司 (編集部) 飯田樹 2017年06月14日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 玉川氏:答えは明らかで、IoTスケールに耐えうるようなツールを選ばなければなりません。それには、Amazon Web Services(AWS)が切り開いたような、オープンでエアで従量課金なサービスモデルしかないと思います。そういうサービスモデルで提供されているツールを選ぶのが大切ですし、われわれがソラコムを提供するときも同様です。

 基本的には、マネージドでスケーラブルなツールが提供されているものを選び、自分たちのコアコンピタンス(企業の中核となる強み)は自分で作るという分け方をしますね。また、ツール選定のときに、そのツール自体が伸びているかもすごく重要だと感じています。伸びているサービスでないと、長く使えず、なくなってしまう可能性もあります。

 八子氏:クラウドも基幹システムもそうですが、既存のシステムは中央集約型です。基幹システムなどが会社のデータセンターや情シスの部屋にあって、扱う端末の台数の上限は社員数で、データはものすごく標準化されている。

 ところがIoTは、玉川さんがまさに話したように、台数がめちゃくちゃ多い。そして、デバイスがいろいろなところに置かれるので、分散化します。現場で毎秒ロギングしてほしいと顧客によく言われますが、毎秒でロギングするとIoTゲートウェイがうまく働かなくてデータの欠損が生まれたり、高温多湿の現場にゲートウェイやセンサが置かれたため動かなくなり、データが上がらなくなったりもします。


ソラコム 代表取締役社長 玉川憲氏

 システムの設計思想が全く違う。IoTの肝は、基本的にはクラウドに集中させるとともに、エッジ側に分散したシステムをどれだけうまくクラウドと協調させながら動かすのかということに尽きます。

 エッジ側のデバイスがインテリジェント化するとエッジ側にも分散せざるを得ない面があるのが1つ、さきほど話した通りシステムの作り方が違うので、エッジ側に分散させなければならないというのが2つ目。

 3つ目は、シンプルに小さく早く作っていける、モノリシック(一枚板)なアーキテクチャで全部塗り固めてしまうものでは「ない」ものが要求されるということです。ある局面においては分散化のシステム、ある局面ではもっとモジュール化し、クラウド化された、疎結合というようなシステムになっていると思います。

 突き詰めていくと統合基幹業務システム(ERP)など、柔軟に変更ができないシステムは、ほぼ末期を迎えていると思うのです。例えばシステム開発のプロセスでは、一度要件のFIXをしたら、次のシステムの公開まで半年間は少なくとも要件はFIXしたままというのは、事業のスピードについていけないので、完全にアウトだと思います。

 システムの在り方自体が単一のアーキテクチャである必要もありません。松島さんのコメントのように、ローカルでもっと柔軟に作っていけるものがたくさんあるのであれば、それをどんどん作っていく。ただし、最終的にはKPIや理想像が必要です。

 


ウフル 八子氏提供

IoTとビッグデータのあるべき関係とは

 松島氏:ビッグデータを握る者が次の時代を握ることは間違いないと思います。そうすると日本の市場では独り占めは許されないので、私は協調領域と競争領域に分けて、協調領域はオープンにしましょうと言っています。

 データに関しては、しっかり仕切らなければならないでしょう。ハードに関して言えば、もうワープロを使っている人はいないわけで、専用機から汎用機の時代にどんどん移行しているわけですよね。

 それをIoTのデバイスとして、通信とデータ層、アルゴリズム層、最後にAI層と、きっちりハンドルしていくこと。その時のハードウェアは汎用機にして、新しいものが出たら水平協働でつなげていくといったことをやる必要があると思っています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]