編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
米ZDNet編集長Larryの独り言

「Microsoft Build 2017」で新たに見えたWindows、Azure、Dynamicsの可能性

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-05-18 06:30

 Microsoftの年次イベント「Build 2017」では、企業のIT担当者が考慮すべき多くのテーマが取り上げられた。

 このイベントで、何が明らかになったのだろうか。ここでは、Buildで浮かび上がってきた6つのテーマを振り返る。

 Microsoftは、「Windows」をAppleの「iPhone」や「Android」、モノのインターネット(IoT)などと結びつけることによって、その競争力を維持することを目指している。同社の最高経営責任者(CEO)Satya Nadella氏は、アナリストに対するブリーフィングの冒頭のあいさつで、一度もスマートフォンに言及しなかった。ただしNadella氏は、モビリティについては何度も言及している。

 同氏の見方はこうだ。

 今後重要なのがマルチデバイス体験であるとすれば、論理的に言って、次に重要になるのはデータであり、その体験を豊かにしているAIは、分散化が進んでいる。実際、このことは誰の目にも明らかだろう。例えば、クラウドでGPUなどを使ってトレーニングを行って、そのモデルをエッジに導入し、人や、場所や、ものを認識できるようなっており、これに普通のカメラまでが利用できるという例が出てきている。

 あるスライドでは、モバイルやクラウドファーストが次のように説明されていた。

Microsoft Build

 この中にスマートフォンを見つけるには、よく目を凝らす必要がある。

 「Windows 10」を搭載する端末は5億人を突破しているが、当面の間はWindowsの話題が議論になり続けるだろう。市場の状況や利用法が変わっていくにつれて、今後もMicrosoftは、中核製品であるWindowsを手直ししていく可能性がある。つまり、今後Windowsは、単なるOS以上のものに変化していくかもしれない。

 Microsoftの「Azure Cosmos DB」は、企業が検討する価値がある製品である。世界中に分散しているマルチモデルデータベースサービスであるAzure Cosmos DBには、高い可用性を保証するSLAが設定されている。大企業はこのSLAを歓迎するだろうが、Cosmos DBがOracleの脅威となり得る製品かどうかはまだ見通せない。Azure Cosmos DBは、Oracleを手こずらせている「Amazon Web Services」(AWS)の豊富なデータベースのラインアップとも、互角に戦える可能性がある。いずれにせよ、大企業はSLA付きのデータベースを好意的に見る可能性が高い。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]