全銀協、広域IP網版の「全銀プロトコル」公開--ISDNなどの終了を視野

ZDNet Japan Staff 2017年05月16日 18時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全国銀行協会(全銀協)は5月16日、企業や銀行間のオンラインデータ交換の新たな標準通信プロトコル「全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)」の仕様書を公開した。広域IP網をベースとした新たな全銀プロトコルとなる。

 全銀協は、2016年秋にNTT東西が一般公衆電話網(PSTN)から広域IP網への移行とISDNサービスの廃止時期について具体的な検討を開始したことを受け、これらの廃止後に必要となる広域IP網に対応したプロトコルの制定を進めていた。

全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)の構成''
全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)の構成

 新たな全銀プロトコルは、既存の全銀プロトコルが企業と銀行や銀行間だけでなく、企業間のデータ交換にも使用されている実態を踏まえ、全銀プロトコル(TCP/IP手順)で規定された電文シーケンスや電文制御手順を踏襲している。

 一方、広域IP網では通信内容の盗聴や改ざんといったリスクに対するセキュリティが必要となることに加え、利用者によってセキュリティへの要求水準が異なることから、用途に応じたセキュリティ対策の実装や運用ができるように自由度を確保。具体的な対策方法例には、全銀プロトコル(TCP/IP手順)の電文シーケンスや電文制御手順に影響を与えないL2TP/IPsecやIPsec、IP-VPNなどによる閉域網を挙げている。

 全銀協は、利用者がISDNを含むPSTN網の提供終了までに広域IP網に移行することが望ましいと表明。NTT東西が4月に公表した移行スケジュールの検討案によれば、2021年初頭にIP接続を開始し、2025年初頭に移行を完了させるとしている。

PSTN網から広域IP網への移行スケジュール''
PSTN網から広域IP網への移行スケジュール案(出典:NTT東西の資料)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算