編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

SAPがマルチクラウドオプション提供へ--AWS、Azure、Googleと

Asha McLean (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-05-17 13:04

 SAPは米国時間5月16日、米フロリダ州オーランドで開催中の年次カンファレンス「SAPPHIRE NOW 2017」で、「SAP Cloud Platform」がマルチクラウド環境に対応したと発表した。これにより顧客は、自身が選択したインフラプロバイダーのクラウドを介してアプリケーションの開発や実行を行えるようになる。

 顧客は、「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」、Google Cloud Platform(GCP)を利用できるようになるとともに、SAP Cloud Platformを介した完全なマルチクラウドサポートも利用可能になる(なお、AWSは一般提供、Azureはパブリックプレビュー段階、GCPはデモ段階)。

 「Cloud Foundry」をベースとするSAP Cloud PlatformにはJavaやNode.jsといった複数言語に対応したランタイム環境や「SAP HANA Extended Application Services, Advanced Model」が含まれている。

 MicrosoftはSAPとの提携の一環として、「SAP HANA Enterprise Cloud」向けの配備オプションとしてAzureを選択可能にするための作業も進めていると述べた。

 SAPPHIRE NOWの初日には、「SAP S/4HANA」や「SAP Hybris」「SAP Ariba」向けの「数多くの」新たなAPIのほか、新しい統合フローやマイクロサービスが「SAP API Business Hub」に追加されたことも発表された。

 さらに「SAP App Center」のアップグレードも発表された。

 同社のクラウド関連の発表では、オープン性というテーマに焦点が当てられていた。

 SAPのエグゼクティブボードでプロダクト&イノベーションを担当するBernd Leukert氏は初日の基調講演で、オープン性が新たなビジネス価値の創成に向けた原動力であると述べ、組織内に画期的な変革をもたらすものだと力説していた。

 「われわれは企業のイノベーションを阻むすべての障害を取り除くことを約束する」(Leukert氏)

 「オープン性の追求により、われわれのソフトウェアはより強力なものになる。現代はSAPにおけるオープン性の時代となっている。しかし、より重要なのは、現代があなた方、すなわち顧客にとってオープン性の時代となっている点なのだ」(Leukert氏)

 「(そのための)テクノロジについてはわれわれに任せてほしい」(Leukert氏)

 SAPの最高技術責任者(CTO)Björn Goerke氏によると、われわれは変革が加速している時代、すなわちソフトウェアが世界を飲み込み、あらゆるものがデジタル化される時代に生きているのだという。

 SAPは同日、GCP関連の提携を拡充し、「SAP NetWeaver」のパートナーとして認定するとともに、機械学習やIoT、生産性ツールの統合に向けて協力していくほか、SAP Cloud Platform上での機械学習やIoT、ビッグデータ、アナリティクス、ブロックチェーンに関する新たなアプリケーションを網羅するデジタルイノベーションシステム「SAP Leonardo」の強化でも力を合わせていくと発表した。

SAP
提供:Supplied

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]