AI研究団体「Partnership on AI」が拡大--ソニー、インテルなどが新たに加盟

Andrew Morse (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)

2017-05-17 12:48

 「人工知能(AI)クラブ」の部員が一気に増えたようだ。


提供:Getty Images

 AIの利用を研究する非営利団体「Partnership on AI」(PAI)は米国時間5月16日、新たに22のメンバーを迎えると発表した。新メンバーのうち8社は、Intel、eBay、ソニー、Salesforce.comなどの営利企業だ。対して非営利団体としては、電子フロンティア財団(EFF)や国連児童基金(UNICEF)などが加盟する。

 新メンバーを得て拡大するPAIには、すでにコンピューティングの有力企業が名を連ねている。Microsoft、Google、IBMは古株だ(ただし、古いといっても相対的なもので、PAIが発表されたのは2016年9月だ)。秘密主義のAppleでさえも参加を決めた。

 PAIは拡大に合わせて、新たな構想に着手する。

 PAIは、この分野の具体的なトピックや部門について、ベストプラクティスを研究し明らかにするワーキンググループを組織すると述べた。また、AIの問題への参加を目指す非営利団体や非政府機関を援助するフェローシップも立ち上げるとしている。

 PAIはまた、「AI、人、社会」をテーマにした優秀な論文を表彰する賞や、社会問題への対処にAIを活用する研究を奨励する「AI Grand Challenges」シリーズも創設する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]