SAP AribaとIBM、コグニティブ調達ソリューションで提携--「Leonardo」と「Watson」活用

Asha McLean (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年05月18日 11時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「SAP Ariba」がIBMとの提携を発表した。この提携の下、両社は人工知能(AI)や機械学習を利用するコグニティブ調達ソリューションを提供する。

 SAPのデジタルイノベーションシステム「SAP Leonardo」、「IBM Watson」のAI機能、SAPのBtoBマーケットプレイスであるSAP Aribaが連携し、調達データから得たインテリジェンスを、非構造化データから得た予測的な洞察と組み合わせる。エンタープライズ全体を網羅する調達で顧客を支援することが狙いだ。

 IBM Global Business Servicesのコグニティブプロセストランスフォーメーション担当ゼネラルマネージャーを務めるJesus Mantas氏によると、調達トランザクションや、複雑な価格体系、天気などの非構造化データを理解するために特別に訓練されたコグニティブ調達プラットフォームを構築したという。

 IBM Global Business Servicesが新しい製品群を構築、実装、および運用するためのコンサルティングとサービスを提供する。さらに、IBMはSAP Aribaと協力して、IBMの顧客をSAP Aribaのプラットフォームに呼び込むという。

 両社の提携は、オーランドで開催されている「Sapphire Now」の2日目に発表された。この提携によって、ブロックチェーンなどの新興テクノロジのアプリケーションの検証などを含めて、インテリジェントな調達ソリューションおよびサービス開発の促進を目指す「Cognitive Procurement」ハブも立ち上げられる予定だ。

 Watsonは過去のやりとりから学習して、時間の経過とともに価値や知識を獲得し続けることから、契約がよりスマートで包括的なものになるという。さらにSAP AribaとIBMは、コンプライアンスに役立つよう、契約条件や要約の抽出を自動化することについても検討すると説明している。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算