編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ヤフー、プログラマティック広告を強化

ZDNet Japan Staff

2017-05-19 07:15

 ヤフーは5月18日、マーケティングソリューション事業で、自動的にメディアの広告枠を買う「プログラマティック広告」を強化すると発表した。広告取引基盤「Yahoo!アドエクスチェンジ」を通じ、広告出稿者と媒体社が、信頼性の高い広告取引を実現できるようにする。

 広告出稿者は、Yahoo! JAPANが提供する広告サービスまたはYahoo! JAPAN以外の第三者が提供する広告サービスを利用し、Yahoo!アドエクスチェンジを通じて、「Yahoo!アドパートナー」に参加する媒体社や他社SSP、アドエクスチェンジと広告を取引できる。さまざまな種類の端末やフォーマットを買い付けることで、リーチできるオーディエンスが大幅に拡大するとしている。

 加えて、Yahoo!プライベートマーケットプレイスとの連携により、一部の広告出稿者に対してYahoo! JAPANを含む媒体から枠を取引できるようにすることで、柔軟な配信設計の実現を促す。

 Yahoo!アドエクスチェンジでは、Yahoo! JAPANの広告サービスで、Yahoo! JAPANのビッグデータを活用した広告の取引も可能になるという。

 一方、媒体社側は、Yahoo! JAPANの提供する「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク」や「Yahoo!プレミアムDSP」に加え、Yahoo!アドエクスチェンジを通じて主要なDSPにリアルタイムでアクセスできるようになり、媒体の収益性向上を実現できるとしている。

 媒体社向けの収益化プログラムであるYahoo!アドパートナーは、Yahoo! JAPANの提供する広告サービスだけでなく、Yahoo!アドエクスチェンジ経由でアクセスできる全ての広告を対象に展開できるようになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]