ランサムウェア

ランサムウェア「Wannacry」感染の恐れがあるWindow端末、国内に数万台が存在

ZDNet Japan Staff 2017年05月18日 19時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは5月18日、ランサムウェア「Wannacry」(別名:WannaCrypt、WannaCryptor、Wcryなど)に感染する恐れのあるWindows端末が世界に50万台以上存在するとの調査結果を公表した。国内にも数万台が存在するとしている。

 Wannacryは、感染先のコンピュータを暗号化してユーザーに身代金を要求するとともに、脆弱性が存在する別のコンピュータを探索して、自動的に拡散させる特徴を持つ

 感染先を探す際は、まずローカルもしくはグローバルのネットワークに接続されているコンピュータを無作為に抽出し、ポート445/TCPへの接続を試みる。接続に成功すると、Microsoftのセキュリティ更新プログラム「MS17-010」で修正されたWindowsのSMB v1の脆弱性の有無を確認し、脆弱性が存在する場合には攻撃ツール「EternalBlue」を使用して、Wannacry本体やバックドアのDOUBLEPULSARを仕掛ける。脆弱性が存在しない場合でも、先にDOUBLEPULSARが仕掛けられていれば、DOUBLEPULSAR経由でWannacryに感染させる。

ポート445/TCPを開放しているWindows環境の「Shodan」での検索結果(出典:トレンドマイクロ)''
ポート445/TCPを開放しているWindows環境の「Shodan」での検索結果(出典:トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロの解析では、ポート445/TCPが開いていない場合は、Wannacryが攻撃対象にしないことが分かった。

 さらにインターネット検索エンジンの「Shodan」でポート445/TCPが開いているWindows端末を検索したところ、世界で50万台以上が見つかった。最も多いのは米国の19万6423台で、国内にも2万9289台が存在する。このうち7割以上のマシンがSMB v1を有効にしているとみられ、脆弱性が存在すればWannacryに感染する恐れがある。

 同社は、WannaCryが拡散する土壌が世界や国内に十分存在していたと指摘。今後も同様の脆弱性や感染中のDoublePulsar を狙った攻撃が続く可能性があるといい、MS17-010の適用やSMB v1の無効化を速やかに実施すべきと勧告している。

SMB
SMB v1 の使用が表示されている(出典:トレンドマイクロ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算