グーグルがOLTPに利用できる分散データベース「Cloud Spanner」を提供

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年05月19日 12時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間5月16日、重要業務のOLTP(オンライントランザクション処理)を伴うアプリケーションに使用できるグローバル分散データベース「Cloud Spanner」の一般提供を開始した。

 米ZDNetの取材に対し、Google Cloud製品マネージャーであるDominic Preuss氏は、Cloud Spannerのスケーラビリティと、トランザクションの整合性の高さは、市場に出回っている製品の中でも他に類を見ないもので、2月にベータ版がリリースされて以降、このサービスは「大きな注目」を集めていると語った。

 Googleがこの技術の開発を始めたのは2005年のことで、最近9年間は、同社の重要アプリケーションのほとんどをCloud Spanner上で運用しているという。Preuss氏はブログ記事で、Cloud Spannerはすでに幅広い業界で重要アプリケーションに使用されており、これには顧客認証システム、ビジネストランザクション、在庫管理システム、低遅延高スループットを必要とする大容量メディアシステムなどが含まれると述べている。

 「Cloud Spannerを利用しているのは、現在提供されているソリューションが提供する機能の上限を超えてしまったユーザーだ」とPreuss氏は述べている。また同氏は、Cloud Spannerのようなリレーショナルデータベースへの移行は、「NoSQL」への以降よりもずっと簡単だ、とも付け加えた。

 Preuss氏は、パブリッククラウド事業に力を入れているGoogleにとって、フルマネージドのクラウドデータベースサービスとしてCloud Spannerを提供することは、マネージドクラウドサービスを探している多数の顧客の獲得に役立つと話す。

 「顧客がパブリッククラウドの中からGoogleを選択する場合、マネージドサービスの品質と幅広さが鍵になっていることが多い」と同氏は述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算