編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」
企業決算

セールスフォースの第1四半期、予想上回る--見通し上方修正

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-05-19 10:22

 Salesforce.comは米国時間5月18日、2018会計年度第1四半期決算(4月30日締め)を発表した。

 売上高は前年同期比25%増の23億9000万ドル、非GAAPベースの1株あたり利益は28セントだった。

 アナリストの予想では、売上高が23億5000万ドル、1株あたり利益が26セントだった。

 純損失は920万ドル(1株あたり1セント)だった。サブスクリプションとサポートの売上高は前年同期比24%増の22億ドル、プロフェッショナルサービスとその他の売上高は同32%増の計1億8700万ドルだった。


 サブスクリプションのセグメント別売上高は、「Sales Cloud」が8億2960万ドル、「Service Cloud」が6億5120万ドル、「Marketing Cloud」および「Commerce Cloud」が2億8900万ドル、「Salesforce」プラットフォームおよび他の売上高が4億3110万ドルだった。

 アナリストらは第2四半期について、売上高が24億8000万ドル、1株あたり利益が31セントになると予想している。Salesforceは、売上高が25億1000万〜25億2000万ドル、1株あたり利益が31〜32セントになる見通しとしている。

 Salesforceは2018年通期の売上高見通しを102億5000万~103億ドルに上方修正した。アナリストらは101億9000万ドルと予想している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]