「Windows 10」の新プレビュー、Android着信の通知など可能に

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-05-19 12:06

 Microsoftが「Windows 10」のプレビュービルドをアップデートした。Androidでの着信を通知する機能が加わったが、「Story Remix」機能については限定的なアクセスとなることについて謝罪している。

 今回の「Fast Ring」へのリリースは、先週開催された「Build 2017」イベントで「Windows 10 Fall Creators Update」と「Fluent Design System」が発表されて以降、2回目の「Windows 10 Insider Preview」ビルドとなる。

 Buildで、Microsoftはスマートな動画編集ツール「Story Remix」を披露し、秋に配信予定のアップデートでリリースされる機能を紹介した。Story Remixには、写真や動画への3Dオブジェクトの追加や「Windows Ink」での描画といった機能がある。

 Microsoftは、Story Remixを最初に利用できるのはFast Ring経由でWindows Insider Previewビルドを利用するユーザーとしていた。しかし、実際にStory Remixにアクセスできるのは一部のユーザーに限られるようだ。MicrosoftのWindowsおよびデバイスグループのソフトウェアエンジニアであるDona Sarka氏は、Photos機能向けのA/Bテストの一部として、Fast Ringの一部のユーザーグループにStory Remixをロールアウトしていると説明した。大半のFast Ringユーザーはアクセスできるが、一部のアクセスできない人はコントロールグループに選ばれたことになる。

 Insiderのユーザーは、Microsoftが自分たちをA/Bテストに利用していることを了承済みだが、Sarka氏はアクセスできない人がいることについて謝罪している。

 コントロールグループから移行したいユーザーは、Story Remixのチームにメールで知らせることができる。

 最新の「Build 16199」には、Android端末での着信を通知する機能、発信者を知らせる通知をPCに配信する「Cortana」の機能、通話を拒否するオプション、PCから発信者にテキストを送る機能などが加わっている。Fast Ringユーザーがこれらの新機能を試すためには、CortanaをAndroidデバイスにインストールし、Androidの設定パネルでCortanaのクロスデバイス機能を有効にしておく必要がある。

Microsoft Fluent Design System
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]