新型ワーム「EternalRocks」が発生--NSAの流出ツール7つを利用

Alfred Ng (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ) 2017年05月23日 12時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「EternalRocks」と呼ばれる新たなマルウェアが、米国時間5月21日に確認された。同マルウェアは、「Shadow Brokers」を名乗るグループが4月にリークした米国家安全保障局(NSA)の7つのエクスプロイトのうち7つを利用している。

 米国時間5月12日に発生したランサムウェア「WannaCry」は、世界中の病院、学校、企業など、15日時点で20万台を超えるコンピュータに感染した。同ランサムウェアは、Shadow Brokersが流出させたNSAの2種類のエクスプロイト「EternalBlue」「DOUBLEPULSAR」を利用している。その数日後には新しいマルウェア「Adylkuzz」が発見されたが、こちらは同じエクスプロイトを用いて感染し、暗号通貨「Monero」をマイニング(採掘)するボットネットを作り出すマルウェアだ。

 そして今回新たに見つかったのがEternalRocksだ。クロアチア政府のコンピュータ緊急事態対応チーム(CERT)に所属するサイバーセキュリティ専門家のMiroslav Stampar氏が当初、5月17日に雑多なサンプルを発見した。最も古いEternalRocksのサンプルは5月3日まで遡ると、Stampar氏はGitHubに公開した説明文に記している。

 EternalRocksは、EternalBlueとDOUBLEPULSARのほか、「EternalChampion」「EternalRomance」「EternalSynergy」「ArchiTouch」「SMBTouch」を利用しており、これら7つのツールはすべてShadow Brokersが盗み出したものだ。Stampar氏は自身のハニーポットに感染したEternalRocksの完全なサンプルを発見したという。ハニーポットとは、マルウェアをおびき寄せて監視するためのトラップだ。

 NSAから盗み出されたツールの大半は、「Windows」の「Server Message Block(SMB)」と呼ばれる、PCの標準的なファイル共有技術の脆弱性を突くもので、WannaCryが気づかれることなく急速に広まったのはそのためだ。Microsoftは3月にこれらの脆弱性を修正しているが、古いOSを搭載している多くのコンピュータが今なお危険な状態にある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算