編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

字幕ファイルでハッキング、動画プレーヤー多数に脆弱性

ZDNet Japan Staff

2017-05-24 16:31

 ストリーミング機能を備えた動画プレーヤーでは、ユーザーがインターネット上から字幕ファイルを取り込むことができる。この際の処理に起因する脆弱性を突いて、端末をハッキングできる手法をCheck Point Software Technologiesが報告した。

 同社によると、この問題では映画などの字幕ファイルが公開されたレポジトリが悪用される。ユーザーは動画再生時にプレーヤーからレポジトリにアクセスし、評価の高い翻訳ファイルを手動あるいは自動的にダウンロードして、利用することができる。

 攻撃者はこの仕組みに便乗し、細工した翻訳ファイルをレポジトリにアップロードする。ファイルに対する評価も偽装しておく。ユーザーがファイルをダウンロード、再生する際に動画プレーヤーの脆弱性を突くことで、ユーザーの端末を遠隔操作できるようなるという。

 脆弱性の内容は、動画プレーヤーによって異なるとみられる。Check Pointは少なくともVLC、Kodi、Popcorn Time、Stremioで脆弱性の存在を確認しており、各開発元に脆弱性情報を提供済み。5月23日時点でVLCとStremioから修正版がリリースされ、KodiとPopcorn Timeでも対応が進められている。

 Check Pointは、この他にも脆弱性を抱えた動画プレーヤーが存在する可能性があるとみて調査を継続し、脆弱性の詳しい技術情報などの公表は差し控えると説明している。

攻撃手法のインフォグラフィック''
攻撃手法のインフォグラフィック(出典:Check Point)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]