1年を切った「GDPR」の罰則が厳しい理由--プライバシーへの正しい理解が必要

國谷武史 (編集部) 2017年05月30日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  欧州連合(EU)の「一般データ保護規則」(General Data Protection Regulation:GDPR)が、2年間の準備期間を経て、2018年5月25日に本施行される。しかし、適用対象となり得る企業などでは対応の準備が遅れているのが実情だ。

 個人データやプライバシーの適切な保護を企業などに義務付けるGDPRは、EU域内に拠点があるどうかにかかわらず、EU域内に住む人々の個人に関わるデータを取り扱う全ての企業や組織が適用対象になり得る。違反した場合は、最大2000万ユーロ(約25億円)もしくは当該組織の全売上高の4%に相当する金額が罰則として科せられる。

 EU域外の企業や組織にもGDPRの厳しい罰則が知られつつある一方、GDPR自体への理解や対応準備はあまり進んでいない。Symantecでアジア太平洋地域の政府・関連機関担当ディレクターを務めるBrian Fletcher氏は、これら地域におけるGDPRへの対応支援を手掛けるが、同氏の活動拠点のオーストラリアを含めて、「準備が完了した企業はまだ無い」と話す。

厳しい罰則の背景にあるもの

 「GDPRへの対応で最も重要な点は、これが企業活動の抑制を目的にしたものではなく、データ活用を通じた価値創出を推進するための基本ルールであると理解することだ」(Fletcher氏)

 Fletcher氏によれば、GDPRが制定される根底には「個人のプライバシーは尊重され、守られるべきもの」という意識が、基本的な権利として欧州社会に深く根付いていることがある。

 欧州では数百年にわたる革命運動の歴史を通じて、「基本的人権」など現代社会で認められているさまざまな権利や意識が醸成されてきた。いまの欧州に暮らす人々にとって、プライバシーは当然の権利であり、権利の侵害を大きな脅威としてとらえる。

 こうした歴史的な背景に加えて、近年の急速なITの普及は人々の生活をより便利した反面、個人の情報やプライバシーが侵害されるリスクを高めた。そこでGDPRは、欧州市民の権利を守りながら、ITのもたらす恩恵を享受できるようにするためのルールとして制定され、それゆえに、ルールに違反する行為に対しては厳しい罰則が規定されたわけだ。

 つまり、GDPRへの対応とはプライバシーのルールを守ることであり、Fletcher氏は、あらゆる商品やサービスにおいてプライバシーが尊重されなければならず、それができないならビジネスに支障をきたすことになると指摘する。

個人に関わるデータの活用とプライバシーを脅かす危険への対応がGDPRの狙いといえる''
個人に関わるデータの活用とプライバシーを脅かす危険への対応がGDPRの狙いといえる(資料提供:シマンテック)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算