調査

障害時の切り分け、難しく--クラウドなどでWANの構築や運用管理の負担増加

NO BUDGET 2017年05月29日 14時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanが5月25日に発表した国内法人ネットワークサービスに関する利用動向調査によると、クラウドなどの新技術導入によって、過半数の企業でWANの構築や運用で負担が増加しており、その対策として約2割の企業がアウトソーシングを拡大したいと回答しているという。

 同調査では、WAN構築や運用管理の負担感の変化について、スキル面と工数面に分けてたずねている。「負担感が増加した」と回答した企業はスキル面で74.9%、工数面で61.4%といずれも過半数にのぼった。スキル面で負担が増加したとする企業の比率が工数面を上回る結果となった。

クラウドやモバイルなどの新技術の影響によるWANの構築や運用での負担感の変化(IDC Japan提供)
クラウドやモバイルなどの新技術の影響によるWANの構築や運用での負担感の変化(IDC Japan提供)

 この結果の背景について、IDCでは、WANの接続機器、クラウドサービスなどの接続先や接続技術などが多様化し、ネットワーク設定のための新たなスキルの習得、セキュリティ対応、トラブル発生時の切り分けなどが難しくなっていることを挙げている。ユーザー部門が、信頼性や品質が十分でないパブリッククラウドを契約するケースが増えていることもWAN管理者の負担増加の一因になっているとした。

 WANの構築や管理についてアウトソーシングを拡大したいとする企業が一定数存在することについては、徐々にではあるが、この分野でのアウトソーシング市場が拡大していくことを示唆しているとしている。

 IDCは今後、パブリッククラウドの利用増加で企業の端末からパブリッククラウドまでのエンドトゥエンドのネットワーク構築、運用管理負担はますます増加するとしている。負担増を回避するためにも、パブリッククラウドの選定でユーザー部門とIT部門が連携し、機能や価格面だけでなく、信頼性や品質面もしっかり評価すべきだとした。

 3月にアンケート形式で調査、国内900の企業から回答を得ている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算