編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

EMC、オールフラッシュ新製品を日本でリリース--VDI普及が追い風に

大西高弘

2017-05-31 07:45

 EMCジャパンは5月23日、オールフラッシュ新製品「XtremIO X2」に関する技術説明を行い、同製品を2017年8月末にリリースすると発表した。


※XtremIO X2

 同製品は、「XtremIO X1」の後継機で、レイテンシを80%向上させ、データのコピー可能数を2倍にしている。レイテンシに関するVDI環境での事前検証では、X1では1msecだったのに対しX2では0.2msecにまで性能を引き上げている。また、データベース環境でも検証しており、80%のレイテンシ向上を確認しているという。

 XtremIOは、「X-Brick」と呼ばれるアプライアンスを1単位とし、複数のX-Brickによって拡張させていく。今回、X2では各X-Brickに搭載されているバッテリバックアップユニットを取り除き、電力コントロールはMVRAMで行う。そのためよりコンパクトにビルディングできるようになった。


X-Brickの概要(X1)

 X2は、デュアルアクティブコントローラなど基本的なアーキテクチャや機能についてはX1を踏襲しているが、搭載コア数は50%増、RAMの容量も2倍にしている。またX1では8Gbpsのファイバチャネルを使用していたが、X2では16Gbpsとなっている。


X2のアーキテクチャ

 さらにX-Brickあたりの搭載可能なSSDを25ドライブから72ドライブとした。SSDは400ギガバイトと1.92テラバイトのものを利用でき、1.92テラバイトのSSDのみを使うと、最大でX-Brickあたり138テラバイトまでスケールアップできる。X-Brickは最大8ユニットで構成でき、その場合の有効容量は5.5ペタバイトとなる。

 また、XIでサポートできるクラスタ構成は、2台、4台、6台、8台のX-Brickだったが、X2ではすべてのX-Brick数をサポートできる。SSDは、8月のリリース以降、3.84テラバイトのものを提供する予定となっている。X-Brick内では各種のSSDを混在させることができるため、1.92テラバイトのSSDを搭載したX-Brickに、追加で3.84テラバイトのSSDを導入することが可能だ。

 今回の技術説明のため来日した、Dell EMC XtremIO製品部門 プロダクトマネージャーのアイリス カミナー氏は、X2の性能向上について次のように述べた。


「X2はユーザーの利便性をさらに向上させるため、ハード、ソフト両面から改善を重ねた」と語るアイリス カミナー氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]