編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ
調査

トラック運転手は2027年に、外科医は2053年に失職?--AI専門家の未来予想 - (page 2)

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-06-13 07:30

 しかしGrace氏らは論文で、人間の囲碁棋士と同じ数の対局しかこなしていない場合、AIはいつ人間の棋士を打ち負かせるようになるのかを機械学習の専門家に尋ねたという点を指摘している。

 そして「ちなみに、DeepMindのAlphaGoはおそらく自身で1億回もの対局をこなしてきているが、李世ドル九段は5万局程度しかこなしていないはずだ」と記している。

 実際のところ、研究者らの予想が正しいのであれば、AIが同じ条件で人間の囲碁棋士を打ち負かす前に、二足歩行のロボットが5kmのロードレースで人間を打ち負かしていることになりそうだ。

 この調査では、AIにおける「知性の爆発」、すなわちAIがAIの設計を行うという点で人間をしのぐ時期に関する設問もあった。物理学者のStephen Hawking氏は、こういった状況が起こった場合、「人間の知性をはるかに上回るマシンが生み出され、その知性の差はカタツムリとわれわれのそれよりも大きなものとなる」だろうと述べている

 調査では具体的に、今から約45年後に起こると予想されているHLMIの実現から2年以内に知性の爆発が生じる可能性についての質問を学識経験者らに投げかけている。

 回答者らは全体的に「可能ではあるが、ありそうもない」と考えており、その確率の中央値は10%だった。また回答者らは、HLMIからプラスの結果が得られるだろうと捉えているものの、5%の確率で人類滅亡のような「極めて望ましくない結果」に導かれるだろうと考えている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]