編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ブロックチェーン利用のデータ取引技術、富士通が開発

ZDNet Japan Staff

2017-06-05 15:56

 富士通は6月5日、企業間でのデータ流通にブロックチェーン技術を応用するソフトウェアを開発したと発表した。データの提供者と利用者との間で安全なデータの取引を可能にするとしている。

 開発したソフトウェアは、富士通研究所の「富士通 Virtual Private digital eXchange テクノロジー」をベースにしている。ブロックチェーンを応用して、データの提供者が保有するデータの属性情報と、データの保管場所にひもづいたID情報を分散台帳に登録し、登録されたデータを取得できるデータ利用者を限定するアクセス権限設定などを可能にした。またHyperledger Fabricをベースに開発した独自のスマートコントラクトを用いて、あらかじめ設定されたアクセス権限に基づくデータの取引を自動的に実行できるという。

 富士通によれば、一般的なデータの取引では、データ提供者がデータを外部環境に預けなければならないシーンがあり、セキュリティやプライバシなどへの懸念から、企業や組織の枠を超えた相互活用があまり普及していない。開発したソフトウェアは、こうした課題の解決に役立つことが期待されるとしている。

ブロックチェーンを拡張したデータ流通イメージ''
ブロックチェーンを拡張したデータ流通イメージ(出典:富士通)

 同社では2017年度中に、仮想ネットワークサービス「FUJITSU Network Virtuora」の1つとして商用化を目指すという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]