編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフトを名乗る偽メール再び、開かず削除を

ZDNet Japan Staff

2017-06-06 18:20

 「[大切]マイクロソフトのプロダクトキーが不正コピーされた警告です!」との件名が付けられた偽メールが出回っているとして、フィッシング対策協議会が6月5日、注意を呼び掛けた。同日午後5時時点で偽メールから誘導される詐欺サイトが稼働しており、協議会はJPCERT コーディネーションセンターに閉鎖のための調査を依頼している。

 偽メールは、「プロダクトキーをご認証ください。さもなくば権限付与が中止されます!」との文言で受信者を脅かし、記載したURLのリンクをクリックするよう促す。詐欺サイトにアクセスすると、「ご注意!! OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています」と表示され、Microsoftアカウントやパスワード、氏名や住所、クレジットカード情報を入力させようとする。

 同様の手口は1~3月にも発生しており、日本マイクロソフトは「開かずに、そのまま削除してください」と呼び掛けている。

確認されたフィッシングメールの内容(出典:フィッシング対策協議会)''
確認されたフィッシングメールの内容(出典:フィッシング対策協議会)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]