SAP、NVIDIAとの戦略的提携による取り組みを日本国内にも拡大

NO BUDGET 2017年06月08日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPジャパンは6月5日、NVIDIAとの戦略的提携による取り組みを日本国内にも拡大すると発表した。

 SAPでは、インテリジェントエンタープライズ構想を打ち出しており、一基で10テラFLOPSを超えるNVIDIA GPUの性能を、同社のエンタープライズアプリケーションの深層学習処理などに取り入れていく。

 その一環として、企業のブランド露出度を分析するためのアプリケーションである「SAP Brand Impact」にNVIDIAの深層学習プラットフォームを活用する。これにより、モデルを一度学習すると、大量の画像や動画を超高速で処理できるようになり、企業は広告やスポンサー契約の投資効果をすばやく正確に把握、分析し、ブランド価値の最大化につなげることができる。

 NVIDIA製品の活用は、SAP Service TicketingやSAP Accounts Payableも含まれる。SAP Service Ticketingは、顧客対応を効率化してコストを削減し、顧客満足度を新しいレベルに高める。またSAP Accounts Payableは、経理業務の進化と債務管理プロセスの自動化を実現する。SAPでは、数年以内に財務関連製品をすべてインテリジェント化する予定だという。

 また、同社では、機械学習に対応したアプリケーションを、SAP Cloud Platformに埋め込まれたインテリジェントサービスとして順次提供していく。その第一弾として、SAP Cash Application、SAP Brand Impact、SAP Service Ticketingに適用していく。

 これに伴い、開発者向けに、ソリューションをインテリジェント化するAPIを提供する。近日中にビジネスサービスAPIと機能レベルAPIをSAP API Business Hubで公開する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算