編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ
今週の明言

Dropbox Japan新社長が語る「IT市場の新しい流れ」 - (page 2)

松岡功

2017-06-09 11:43

 五十嵐氏はこれまで、日本マイクロソフトやApple Japanで法人向け事業に携わり、さまざまな要職を務めてきた経歴を持つ。とくにマイクロソフトがクラウドサービス「Windows Azure(現Microsoft Azure)」を展開し始めた頃は、筆者も同氏に幾度となく話を聞き、丁寧に答えてもらった覚えがある。そんな同氏がDropboxをどうさらに成長させていくか。経営手腕に注目しておきたい。

「AIはAmazing Innovation(驚くべきイノベーション)である」
(米Gartner Alexander Linden リサーチバイスプレジデント)


米GartnerのAlexander Lindenリサーチバイスプレジデント

 ガートナージャパンが先頃、自社フォーラム「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2017」を開催した。米Gartnerのリサーチバイスプレジデントを務めるAlexander Linden(アレクサンダー・リンデン)氏の冒頭の発言は、「AIは人工知能(Artificial Intelligence)というより、驚くべきイノベーション(Amazing Innovation)の略だと思っている」との持論を語ったものである。

 Linden氏の講演内容については関連記事をご覧いただくとして、ここでは冒頭の発言に注目したい。同氏はなぜAIを「Artificial Intelligence」ではなく「Amazing Innovation」と表現するのか。この表現に至る過程で、同氏はこんな説明を行っていた。


AIの進歩(出所:ガートナージャパンの資料)

 まず図に示したように、AIはこのわずか5年で大きく進歩してきたという。一方で、同氏は「コンピュータは人間のように思考できるわけではない」とも。さらに「AIが私たちのかなりの割合の仕事を奪うとよく言われているが、そうではなく、AIは多くのタスクを肩代わりしてくれるものの、私たちの代わりになれるわけではない」と強調した。

 そのうえで、「私たちはまだ人間の脳の基本的なメカニズムしか分かっていない。その全てを理解することは非常に困難だ」と指摘。つまり、AIを人工知能と表現するのは「おこがましい」というのが、Linden氏の考え方だと受け取れる。

 では、なぜAmazing Innovationなのか。同氏はこんな説明をしてみせた。

 「汎用的なAIはまだまだファンタジーの世界の話だ。だが、ここにきて特定の領域に向けてAIを活用したソリューションが相次いで開発されるようになってきた。いわば“狭いAI”だが、その進化には目を見張るものがある。これらはまさしく“驚くべきイノベーション”を起こしていくものになるだろう」

 特定領域に向けたAI活用の進化――同氏がAIをAmazing Innovationと表現するゆえんはこの点にあるようだ。こういうユニークな見解は、ぜひもっと論議の材料にしたいところである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]