HPE Discover

数年がかりのプロジェクト「Project New Stack」を披露--HPE Discover - (page 3)

末岡洋子

2017-06-13 07:30

ハイブリッドITをシンプルにーー最新プロジェクトを披露

 最後は、HPE Discoverでお披露目となった「HPE Project New Stack」だ。

 「ハイブリッドITを管理するためには、ハイレベルでのコンポーザブル性(コンポーザビリティ)が必要」とLewis氏。パブリック/プライベートクラウドの資産、さまざまなワークロードの種類、ベアメタル、コンテナ、仮想マシンなどがあり、これらの上にあるアプリケーションをオーケストレーションする必要がある。

 「単に柔軟なサービスを構築するのでは不十分。どうやってハイブリッドIT環境を管理するのか。顧客は課題に直面している」とLewis氏は背景を説明する。このようなことから、Project New Stackは”Synergyの先”とLewis氏は位置付ける。

 「複数のパブリッククラウドをサポートし、プライベートクラウドをサポートし、ハイブリッドITの状態をモニタリング、管理、最適化できるオープンなプラットフォームだ。これは大きな差別化になる」(Lewis氏)。

 具体的には、流動性のあるオンプレミスとパブリックのリソースプールに対してコンサンプション主導のオーケストレーション、そして詳細な洞察を提供する。ITや事業部は継続的にコラボレーションでき、オンプレミス、クラウドの”正しいミックス”を常に最適化できるという。提供はアプライアンスとユニファイドコントロールプレーンの形をとり、既存の管理ツール「OneView」と併用する形を想定している。

 独自調査によると、パブリックまたはプライベートクラウドでワークロード実装の承認を得るのに要する期間として75%が「一種間以上」、「3週間以上」という開発者は25%もいたとLewis氏。New Stackはセルフサービス形式となり、迅速に実装が可能となる。

 開発者はどこでワークロードが動いているのかを気にすることなく、必要な作業を実施できるほか、自分のアプリケーションを迅速に市場で展開できるマーケットプレイス機能も予定しているという。


 New Stackのインサイトダッシュボード。どこのデータセンターを使っているのかやコストの追跡が可能。

 New StackはHPE Discoverでテックプレビューとなり、2017年秋にベータ顧客向けに提供する。その後製品化する予定で、正式名称もその段階で決定するとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]