「Firefox 54」がリリース--「Electrolysis」技術で速度と安定性を強化

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ) 2017年06月14日 12時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozilla製ブラウザの新バージョン「Firefox 54」は、速度と安定性の点でGoogleの「Chrome」、Appleの「Safari」、Microsoftの「Edge」にある程度追いついたようだ。

 これを実現するのは「Electrolysis」(略称「e10s」)と呼ばれる技術だ。Mozillaがこの技術に着手したのは何年も前だが、技術的問題によってそのほとんどを2011年に中断していた。Electrolysisは、異なるコンピューティングタスクを別々のプロセスに分割し、それぞれを独立したメモリコンパートメントに割り当てる。このアプローチは、本来ならブラウザ全体を減速させクラッシュさせる可能性もある問題を分離する。

 Mozillaは、2016年にElectrolysisを再開させ、ブラウザのユーザーインターフェースの応答性を改善する機能を実装した。Mozillaは今回のFirefox 54で、複数ウェブサイトで処理が相互に影響しないようにすることにより、さらに一歩進んだ。

 Firefox担当バイスプレジデントを務めるNick Nguyen氏は、米国時間6月13日のブログ記事で次のように述べた。「パフォーマンスの改善は顕著だ。さらに高速化してクラッシュが減少しただけでなく、e10sによってウェブサイトがよりスムーズに感じられる」。「Facebook」のニュースフィードのようなデータ量が多いページも、スムーズに整然と表示されるという。

 そうした約束を果たすことが、Firefoxに戻るようユーザーを説得するカギとなる。Firefoxは10年前、Microsoftの「Internet Explorer」の停滞を尻目に躍進したが、近年はChromeがFirefoxのお株を奪い、膨大な数のユーザーを獲得している。

 Firefoxの復活を示す証拠はいくつかある。各種ブラウザの利用者数を追跡しているNet Applicationsの調査「NetMarketShare」によると、Firefoxのユーザー数のシェアは過去1年で8%から12%に増加した。ただし、このデータは、ユーザーのネット利用時間がますます増えているモバイルデバイスを除外している。

Net Applications ブラウザ
提供:Net Applications

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算