編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ビームス、可視光通信を活用した新たなコンテンツ配信を実施

NO BUDGET

2017-06-14 11:55

 ビームスは、同社のアウトレット店舗イベントで、富士通の「FlowSign Light」を活用したコンテンツ配信を実施する。富士通が発表した。

 FlowSign Lightは、可視光通信を利用したコンテンツ配信サービス。富士通研究所が開発したLED情報伝達技術を用いてLEDの光に情報を埋め込み、スマートフォンをその光に照射された対象物にかざすことで、ユーザーに情報が提供される。ユーザーは、専用アプリをスマートフォンにダウンロードし、スマートフォンを対象物にかざすことで、直感的に関連情報を取得することができる。


スマートフォン画面の遷移イメージ

サービスの全体イメージ

 ビームスは、アウトレット店舗での家族向けイベントに活用。来店客がスマートフォンをイベントブースにかざすと、ビームスのオリジナルフォトフレームを使った写真撮影をできるようにする。全国から募集した子どもが描いた絵を展示するウィンドウ脇スペースに、FlowSign Light専用のLED照明を設置し、アスコンがデザインしたフォトフレームとひも付けられたID情報を埋め込んだ光を照射する。

 サービス提供期間は6月30日までで、ビームス アウトレット 木更津および同入間で実施する。

 富士通は今回のフォトフレームデザインを担当したアスコンと連携。FlowSign Lightを活用したフォトフレーム撮影の仕組みを確立するほか、観光やイベントなどの幅広い分野でのFlowSign Lightの利用拡大を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]