編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Facebook、「交渉」できるAIチャットボットをオープンソースに

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-06-15 06:54

 Facebook Artificial Intelligence Research(FAIR)の研究者らは米国時間6月14日付けのブログ記事で、交渉ができる人工知能(AI)モデルを開発したことを明らかにした。これをダイアログエージェントと呼んでいる。FAIRは、約6カ月間にわたるプロジェクトの研究成果であるダイアログエージェントのオープンソースコードを公開するとともに、論文を発表している。

 友人とレストランを選ぶにしても、どの映画を見るかを決めるにしても、交渉こそが生活における基本的要素だというのがその概念だ。しかし、現行のチャットボットは、複雑な問題には対応できない。最先端機能といっても、レストラン予約や、限られた範囲の短い会話といった簡単なタスクが限界だ。

 FAIRは、ダイアログエージェントをいかにして人間のように動作させるかという問題に取り組んだ。つまり、異なる目的を伴う状況に遭遇して、最終的に妥協に達するという動作だ。

 この取り組みは、ユーザーにチャットボットを利用してもらうためのFacebookのより広範な取り組みの一環だ。最高経営責任者(CEO)のMark Zuckerberg氏は2016年の同社開発者会議で、製品を注文したりカスタマーサービスに支援を求めたりといった、企業とのやり取りにボットを利用するシナリオについて詳しく説明した。Facebook、Google、Appleなどの大手IT企業が、将来のパーソナルデジタルアシスタントの構築に力を入れているが、現時点ではまだ必要なスキルに欠けた状態にある。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]