セールスフォース、「Einstein Analytics」発表--AIで高度なアナリティクス提供

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年06月16日 11時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Salesforce.comは米国時間6月15日、「Einstein Analytics」をローンチしたと発表した。Einstein Analyticsは同社のセールスやサービス、マーケティング向けクラウドに予測機能を埋め込むためのツール群だ。新しいEinstein Discoveryによって、膨大なデータの組み合わせを自動的に分析し、予測的な洞察を提示できるという。Einstein Discoveryはアクショナブルなデータと「ストーリー」を提供する製品で、最近買収したBeyondCoreのテクノロジを活用している。

 Einstein Discoveryの責任者であるArijit Sengupta氏によると、これらのツールは、企業幹部らの手に人工知能(AI)をもたらすとともに、データ科学者の求めに応じて基盤となるデータモデルを提供するようになっているという。

 Einstein Discoveryはさまざまな面で、Sengupta氏率いるBeyondCoreがSalesforceによって買収される前から目指していたことを実現する製品だ。Sengupta氏は当時、企業幹部らがベンダーのうたい文句や、製品を額面通りに受け入れ、企業運営に反映してしまう可能性を指摘していた。

 同氏は、「かつてないほどの量の顧客データが利用可能になっているため、われわれはAIを用いることで、そのデータを企業ユーザーにとって行動可能なものへと変える必要がある」と述べるとともに、「企業ユーザーは何らかのものごとが発生した理由を知りたいと望んでおり、ストーリーのかたちでそれを説明してほしいと考えている」と述べている。

 そういったストーリーを紡ぎ出すうえで、「PowerPoint」にエクスポート可能な、既に作成された図表や予測、レコメンデーションが用意されている。企業幹部らはEinstein Discoveryを用いることで、違いをもたらすパラメータのみに基づいた独自のモデルを作成できるようになる。Sengupta氏は「Einstein Discoveryは、AIとデータ科学を企業ユーザーにもたらす方法という点で新たな段階に達している」と述べている。

 要点は以下の通りだ。

  • Einstein Analyticsによって、コンテキストに応じたかたちで動作する、セルフサービス型のアナリティクスアプリのポートフォリオがSalesforceプラットフォーム全般で利用可能となる。
  • アナリティクスアプリの設計機能や、ビジュアルなかたちでのデータの準備機能、外部データコネクタといったものを用いることで、顧客は自らのアナリティクスアプリを構築、カスタマイズできるようになる。
  • Einstein Discoveryによって、行動に向けたレコメンデーションを得るための、要点をまとめたビジュアルなスライドが自動的に生成される。
  • Salesforceの学習プラットフォームである「Trailhead」では、Einsteinによるアナリティクス向けとして12のオンライン学習モジュールが提供されている。
  • 「Sales Analytics」と「Service Analytics」は一般提供が開始されており、その価格は1ユーザーあたり月額75ドルからとなっている。また「B2B Marketing Analytics」も一般提供が開始されており、最大5人のユーザーが月額300ドルで利用できる。
  • Einstein Discoveryは一般提供が開始されており、価格は1ユーザーあたり月額75ドルとなっている。
  • 「Custom Einstein Analytics Apps」は、1ユーザーあたり月額150ドルで利用可能となっている。
  • Einstein Analyticsアプリケーションは、Salesforceのクラウドとともに特定業界をサポートしており、今後数カ月のうちに展開される予定だ。なおEinstein Analyticsアプリは、Salesforceのコア(中核)クラウドに対するアドオンのかたちで利用可能となる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

Einstein Discovery

Einstein Discovery

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算