編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Windows Server」も年2回機能アップデートを配信へ--今秋から

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-06-16 12:05


 Microsoftは「Windows 10」「Office 365 Pro Plus」について約束したのと同様に、「Windows Server」にも年2回の機能アップデートを提供することを米国時間6月15日に発表した。2017年秋よりスタートする。

 Windowsクライアントとサーバの開発はともにWindowsとデバイス部門を率いるTerry Myerson氏の下で進んでおり、今回の統一された提供スケジュールへの移行は驚きではない。Windowsクライアントとサーバは歩調を合わせて構築されており、2つが同じリリーススケジュールで配信させるのは納得がいく動きだ。

 Microsoftは4月、Office 365 ProPlusスイートとWindowsクライアントを同じ機能リリーススケジュールで提供することを発表した。9月にスタートし、両製品ともに年2回の機能リリースを行う。Microsoftは秋に「Windows 10 Fall Creators Update」とOffice Pro Plusの最新版を発表するとしている。

 そして今回、Windows Serverも同じスケジュールとなる(Windows Serverの秋のリリースは、Windwos 10の”Fall Creators Update”のような格好良いものではなく、シンプルに”1709”となりそうだ)。

 Windows Serverの「Server Core」インストールオプションも同様に、年2回の機能アップデートの対象となる。

 Microsoftの発表によると、Windows ServerのStandardエディションおよびDatacenterエディションを利用する顧客でSoftware Assuranceに加入している場合、年2回の機能アップデートが配信されると自動的にアクセスできるという。Software AssuranceでカバーされていないWindows Serverは、年2回の機能アップデートを受ける権利はない。Azure、または他のクラウドやホスティング環境でWindows Serverのイメージにアクセスできるオプションがあるという。

 Microsoftは迅速な機能アップデートよりも安定性や予測性を必要とする顧客に対しては、「Long Term Servicing Channel」リリースと位置付けている「Windows Server 2016」を使うよう助言している。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]