編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

「Windows Server」も年2回機能アップデートを配信へ--今秋から

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-06-16 12:05


 Microsoftは「Windows 10」「Office 365 Pro Plus」について約束したのと同様に、「Windows Server」にも年2回の機能アップデートを提供することを米国時間6月15日に発表した。2017年秋よりスタートする。

 Windowsクライアントとサーバの開発はともにWindowsとデバイス部門を率いるTerry Myerson氏の下で進んでおり、今回の統一された提供スケジュールへの移行は驚きではない。Windowsクライアントとサーバは歩調を合わせて構築されており、2つが同じリリーススケジュールで配信させるのは納得がいく動きだ。

 Microsoftは4月、Office 365 ProPlusスイートとWindowsクライアントを同じ機能リリーススケジュールで提供することを発表した。9月にスタートし、両製品ともに年2回の機能リリースを行う。Microsoftは秋に「Windows 10 Fall Creators Update」とOffice Pro Plusの最新版を発表するとしている。

 そして今回、Windows Serverも同じスケジュールとなる(Windows Serverの秋のリリースは、Windwos 10の”Fall Creators Update”のような格好良いものではなく、シンプルに”1709”となりそうだ)。

 Windows Serverの「Server Core」インストールオプションも同様に、年2回の機能アップデートの対象となる。

 Microsoftの発表によると、Windows ServerのStandardエディションおよびDatacenterエディションを利用する顧客でSoftware Assuranceに加入している場合、年2回の機能アップデートが配信されると自動的にアクセスできるという。Software AssuranceでカバーされていないWindows Serverは、年2回の機能アップデートを受ける権利はない。Azure、または他のクラウドやホスティング環境でWindows Serverのイメージにアクセスできるオプションがあるという。

 Microsoftは迅速な機能アップデートよりも安定性や予測性を必要とする顧客に対しては、「Long Term Servicing Channel」リリースと位置付けている「Windows Server 2016」を使うよう助言している。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]