編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
米ZDNet編集長Larryの独り言

セールスフォースが捉えた「マーケティングの現状」4つの要点 - (page 2)

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-06-20 06:30

#3:マーケティングチャネルが多様化するなか、電子メールはいまでも重要となっている

 Bisbee氏によると、寄付者を獲得するコンバージョンに向けた最大の機会は電子メールであり続けるという。ただ最終的には、データマーケットプレイスと電子メール管理が1つのものにまとまるはずだ。電子メールの投資対効果は証明されているが、Suarez-Davis氏によると、5年前には回答者も知らなかったチャネルへの投資が平均すると予算の34%にのぼっているという。

 このような現実を目にするにつけ、企業はどの時点で不要なチャネルの整理に踏み切るのだろうかという疑問が頭に浮かんでくる。Salesforce Marketing Cloudで製品マーケティングの責任者を務めるMeghann York氏によると、そういったカスタマージャーニーは顧客ごとに異なっているという。しかし、企業は顧客との付き合いが始まった最初の6カ月間で体制を整え始め、その後は顧客のライフサイクルに合わせてその他の部分を整えていくと同氏は述べている。顧客に関する監査を実施することで、該当顧客が使用しているチャネルが明らかになる。同氏によると「マーケターはすべてのチャネルを使う必要はなく、適切なものだけを使えばよい」のだという。

 Salesforceの調査では、回答者がどのように「電子メール+アルファ」というアプローチを進めているのかに焦点が当てられている。


提供:Salesforce.com

#4:CMOが最高「成長」責任者となる結果、組織構造に変革がもたらされる

 Suarez-Davis氏によると、CMOは最高技術責任者(CTO)や最高情報責任者(CIO)との関係をますます緊密にせざるを得なくなっていくという。マーケティングテクノロジの進化により、彼らの役割は複雑に連携し合うようになる。最終的に、選択の余地はなくなるだろう。マーケターらは以下のような新興テクノロジに注目していると回答している。


各ツールや技術を利用している(橙)、または今後2年の間に利用する計画がある(青)マーケティングリーダーの比率。右は年間増加率の予想値。AI、次いでIoT/コネクテッド機器が、最も大きく増加する見込みとされている。
提供:Salesforce.com

 詰まるところ、マーケティングやテクノロジに関するビジョンや経験がないと、こういったテクノロジを具現化していけないということだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]