編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
ハードから読み解くITトレンド放談

プロセッサから見るサーバトレンド--次のXeonはどうなるか?

山本雅史

2017-06-30 07:00

 本連載「ハードから読み解くITトレンド放談」では、ハードウェアの最新動向からITシステムのトレンドと未来を読み解いていく。

ラインアップを刷新するXeon

 米Intelは5月、Xeonのラインアップを一新すると発表した。ブランド名もこれまでのE7、E5といった記号から、「Platinum」「Gold」「Silver」「Bronze」といった名称になり、全体としては「Xeon Processor Scalableファミリー」という名称に変わる。

 ブランド名が一新された大きな理由は、Xeon E7/E5/E3で異なっていたプロセッサのピン数を統一し、周辺チップセットなども同一のモノを利用できるようにしたためだ。

Xeonのブランドは「E7/E5/E3」から「Platinum/Gold/Silver/Bronze」といった名称に変更される(Intel資料より、以下同)''
Xeonのブランドは「E7/E5/E3」から「Platinum/Gold/Silver/Bronze」といった名称に変更される(Intel資料より、以下同)
パフォーマンス別にPlatinumから並ぶ。多くのサーバで利用されるのは、Xeon
パフォーマンス別にPlatinumから並ぶ。多くのサーバで利用されるのは、Xeon Goldになるだろう

 つまり、今までのようなE7用、E5用といったサーバカテゴリではなく、対応ソケット数やコア数、動作周波数などを比較して、Platinum、Gold、Silver、Bronzeなどのブランド名に再編される。

 細かな分類に関しては、実際に製品が発表されるまで分からないが、コア数や対応ソケット数でブランドが分けられるようだ。Xeon E7/E5/E3で微妙に異なっていたコアの機能は、Xeon Processor Scalableファミリーでは、基本的に同一になると思われる(例外が存在する可能性もある)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]