編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
日本株展望

日経平均は2万円の値固め--上値重く下値堅い

ZDNet Japan Staff

2017-06-26 09:55

今日のポイント

  1. 日経平均は、目先、大きく動かない可能性も。米金融政策の方向性が見えにくいことが影響。加計学園問題による安倍内閣の支持率低下が、外国人売買に影響した可能性も
  2. 日経平均の上値が重くなる中、中小型株が上昇トレンドに。小型株優位の相場がしばらく続く見込み

 これら2点について楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

日経平均に、トレンドは出ず

 先週の日経平均は1週間で189円上昇し、2万132円となった。20日に2万230円と、年初来高値をつけたが、上昇トレンドが続かなかった。日本株を動かしている外国人投資家の買いが減少し、6月には小幅売り越しとなっていることが影響している。

日経平均週足:2016年1月4日~2017年6月23日


注:楽天証券マーケットスピードより作成

 日経平均はしばらく、2万円を中心としたボックス圏で推移しそうだ。米長期金利が2.2%前後で動かず、ドル円為替も、方向感が出にくくなっている。つれて、日経平均も、しばらく上下とも大きくは動きにくくなりそうだ。

 外国人投資家は、円安なら日本株を積極的に買い、円高なら日本株を売る傾向が鮮明である。目先、ドル円が大きく動かす、つれて、外国人の日本株売買も、方向性の定まらないままと、思う。

安倍政権の支持率低下が外国人の日本株売買に影響

 森友学園に続き、加計学園問題で、安倍首相が守勢に立たされていることが外国人の日本株売買に少し影響を与え始めている。安倍内閣の支持率が低下、不支持率が上昇していることにより、アベノミクスで掲げる経済政策が実行しにくくなる懸念が出ている。

 外国人投資家は、政治のリーダーシップが弱まる国を売り、強まる国を買う傾向がある。安倍政権の政治リーダーシップが弱まる中、独仏中心にEU(欧州共同体)の結束を強める動きが見えつつあることから、一部外国人は、日本株の組み入れを下げ、欧州株の組み入れを増やした模様だ。親EU派で国際協調路線のマクロン仏大統領の力が強まり、独仏中心にEUの結束を固める動きが見られることが、注目されている。

 筆者は25年間、日本株ファンドマネージャーの経験しており、欧米年金や、中東・中国のソブリンウェルスファンド(国家資金を運用するファンド)のグローバル運用担当者と、よくミーティングをしたが、日本人以上に、外国人投資家は、投資先の国の政治情勢をよく見ていると感じた。日本株について言えば、内閣支持率の低下は売り材料、支持率上昇は買い材料と判断する外国人投資家が多いと感じた。実際、内閣支持率が高い時に外国人買いが入りやすく、支持率が下がると、外国人売りが出やすくなっている。

 次の注目が、7月2日の東京都議選となっている。小池百合子都知事の率いる都民ファーストの会と、自民党の戦いが注目されている。自民党が大きく負けるようだと、今後の国政運営でも自民党独断で進めることが難しくなる可能性が意識される。

中小型株の上昇が続く

 日経平均の上値が重くなる中、政治情勢や為替、外国人売買の影響を受けにくい中小型株が、上昇トレンドに入りつつある。国内景気の回復を受け、内需小型株の業績が好調であることも注目されている。

 二部・JASDAQ・東証マザーズ株が、日経平均を上回るパフォーマンスをあげつつある。しばらく、中小型株優位の相場が継続する見込みだ。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]