Interop2017

なぜ「マストドン」は生まれた?--開発者が語る過去、現在、未来 - (page 4)

吉澤亨史

2017-06-27 07:00

気になるマストドンの今後

 現在、多くの国の人々がマストドンに関わっている。状況について池澤氏が聞くと、Rochko氏は「とても感謝しています。ディストリビューターにも開発に参加していただいていることで、私から開発の負担を取り除いてくれていますし、私には思いつかないようなすてきなアイデアを提供いただけます。4カ国の翻訳版も各国のみなさんに作っていただきました。こうした協力によって、マストドンの使い勝手が向上することはすばらしいことです」と答えた。

 その上でRochko氏は、非常に大きなユーザーベースになると、変更が困難になるものの、マストドンのコードは十分に柔軟であり、新しい環境にも対応していけると説明する。「新しいニーズや要件にも対応していけるので、問題はないと考えています」と加えた。

 鷲北氏は、現状のマストドンはアップデートが難しいと指摘し、今後もコードの改良を続けてほしいと要望した。Rochko氏はこれに陳謝し、「過去の幾つかのリリースは多くの機能を提供するアップデートなので重いものでした。それらは本当に必要な機能であり、マストドンはより良くなりました」とした。

 マストドンの今後については、「次のリリースに向けてユーザーインタフェースの向上や、全体の管理性の向上、プロトコルの安定性の改善、そしてバグフィックスも用意しています。もっと先の話では、プロトコルの追加を考えています」(Rochko氏)という。

 Rochko氏によれば、「アクティビティハブ」という新しい技術を実装し、シングルサインオンにも対応するほか、パフォーマンスを向上させていく考えだ。「これにより、使い勝手も管理性も向上します。また、マストドンの将来の計画を立てるために、今後3カ月くらいの間にロードマップを出していきます」とした。

 最後に、池澤氏の「日本のマストドンユーザーや開発者にメッセージをお願いします」という呼びかけにRochko氏は、「マストドンを使っていただいて、トリビューションしてくださって、本当に感謝していますし、幸いに思っています。こんなに幅広い方々に支持をいただき採用していただいて、フリーなオープンソースのソフトウェアがより人気を得ていくというのは、うれしいものです。今後もこのような活動を続けていきたいと思います。ありがとうございました」とコメント。拍手のうちに講演は終了した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]