編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日立建機、クラウドベースのサービスパーツ在庫最適化ツールを導入

NO BUDGET

2017-06-27 10:39

 日立建機(東京都)は、グローバルにおけるサービス部品の在庫を最適化するため、「PTC Service Parts Management(SPM)SaaS」を導入した。PTCジャパンが6月23日に発表した。

 日立建機は、世界170を超える国や地域の顧客に対して、数十万点のサービス部品を供給している。サプライチェーン拠点は400カ所を超える。今後は多階層のサプライチェーンにおける在庫最適化や、下層拠点の需要を自動連動させて上位拠点での発注計画に即時反映する機能などを活用していく。また、将来的にはモノのインターネット(IoT)を利用した機能の高度化も視野に入れている。

 2017年度には、日本、中国、シンガポール、オランダ、南アフリカ、アラブ首長国連邦(UAE)、カナダ、インドネシア、マレーシア、タイで利用を開始する。2018年度以降は展開拠点をさらに増やしていく予定。

 SPM SaaSはクラウドベースのサービスパーツ在庫最適化ツールで、同社のサービスライフサイクル管理製品の一部。導入後のシステム運用は、プロジェクト段階から参画している日立システムズがサポートする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]