編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

IBM、コグニティブ開発向け統合プラットフォーム構築でLightbendと提携

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-06-29 10:35

 IBMと、サンフランシスコに拠点を置くアプリ開発プラットフォームのLightbendが、エンタープライズ向けコグニティブコンピューティングソリューションの構築で提携した。

 IBMとLightbendが米国時間6月28日に発表したところによると、両社はこの提携の下、データアナリティクスとコグニティブテクノロジ、機械学習、データサイエンスツールを利用する新しいプラットフォームを実現するという。

 このプラットフォームは、「Java」および「Scala」開発者向けに設計される予定で、「開発者がコグニティブビジネスソリューションの構築とデプロイに利用するツール」になることを期待されている。

 またこの戦略的提携の下、両社は「Lightbend Reactive Platform」でJavaおよびScalaベースのアプリを構築する開発者を支援するため、新しいコードやツール、ドキュメンテーションを構築していく。Lightbend Reactive Platformは、スケーラブルなリアクティブエンタープライズソフトウェアを構築するためのオープンソースのアプリ開発プラットフォームだ。

 アプリ管理サービスや「Watson Data Platform」のほか、コグニティブインテリジェンス、IoT、およびセキュリティ環境のほかの多くのシステムも含むIBMのクラウドソリューションも、同プラットフォーム内に統合される。

 両社は、「IBMとLightbendには、共同作業を行ってきた歴史があるが、今回の戦略的な投資と関係により、エンタープライズ開発者はLightbend Reactive Platformからメリットを得て、なおかつIBMのコグニティブ開発ツール、リソース、サポートを統合できるようになる」と話す。

 両社はLightbend Reactive Platformを数週間以内に公開する予定だ。同プラットフォームは、「WebSphere Application Server」にバンドルされた統合ソリューションとして、IBMの「Cloud」を通して提供される。

 Lightbendの最高経営責任者(CEO)のMark Brewer氏は、「コグニティブ開発用の統合プラットフォームでIBMと協力することは、高度なコグニティブアプリケーション開発をサポートするわれわれの取り組みの自然な進化である。IBMは重要なコードとツールを当社の顧客とJavaおよびScalaコミュニティーにもたらしてくれる。そして、IBMがLightbendとReactive Platformをサポートすることは、コグニティブ開発の今後の方向性とその未来を作る開発者に必要なものに対するわれわれの考えの正しさを証明している」と述べた。

IBM
提供:IBM

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]