編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Google CloudとNutanixがハイブリッドクラウドなどで連携

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 合原弘子 (ガリレオ)

2017-06-29 14:26

 NutanixとGoogleが、ハイブリッドクラウド導入を軸に戦略的提携を結んだ。

 この提携により、「Google Cloud」とNutanixの共通の顧客は、オンプレミスとパブリッククラウドのインフラを1つの統合サービスとして管理できるようになる。Nutanixと「Google Cloud Platform」(GCP)は、両社の環境も融合する。

 Nutanixの「Xi Cloud Services」や「Calm」とともに発表された要点は以下の通り。

  • NutanixのCalmソリューションを利用し、GoogleとNutanixのクラウドにあるアプリケーションの一元管理が可能に。
  • GCP上で「Nutanix Xi Cloud Services」を提供。
  • Nutanixの「Enterprise Cloud OS」で「Kubernetes」をサポート。Kubernetes、「Google Container Engine」「Akropolis Container Service」を組み合わせたソリューションを実現。
  • GoogleとNutanixは、モノのインターネット(IoT)のエッジコンピューティングに関しても協力し、GCPの「TensorFlow」モデルをNutanixのエッジで動かせるようにする。

 両社によると、Nutanix CalmとGCPの統合は2018年第1四半期に実現するという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]