編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
海外コメンタリー

APIとプラットフォームによるビジネスの変革

Joe McKendrick (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-07-10 06:30

 プラットフォーム指向の企業がどんどん力を付けるとともに、エンタープライズAPIに対する興味が高まっている。その先にある最新の動向は、データとアナリティクスだ。

 オンラインプロバイダーと実店舗を運営する企業の事業統合という事例が増えてきている。AmazonによるWhole Foods Marketの買収もその一例だ。食料品の仕入れ/配達サービスの先には、購入した商品のピックアップサービスから、ドローンによる当日配達サービスに至るまでの果てしない可能性が広がっている。

 またこの買収は、あらゆる業界の枠を越えた新市場を形作っているもう1つのトレンドも象徴している。それは、プラットフォーム指向の大企業の興隆だ。ここでのプラットフォームとは、サービスの消費と生成、そしてその導管となるクラウドやAPIを指している。こうしたプラットフォームによって、技術やプロセスが企業の垣根を越えて広がり、ネットワーク効果を伴ってイノベーションと機会が生み出されていく。

 Amazonは、「Amazon Web Services」(AWS)の機能を利用するための「Amazon API Gateway」や、オンライン小売り業のアフィリエイト向けの「Product Advertising API」といったリソースを活用し、こういったAPIへの流れをうまく主導してきている。Joshua Seiden氏はMarketWatchの記事で、AmazonがWhole Foods Marketの買収を成功させるだろうとし、それはAmazonが小売業を理解しているためではなく、Eコマースを理解しているためでもないと述べている。Amazonは、プラットフォームであるがゆえに成功するだろうというわけだ。

 世界に向けてプラットフォームを開放し、世界からイノベーションとネットワークの成長を得られるようにする方法こそが、オープンなAPIなのだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]