編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら
海外コメンタリー

APIとプラットフォームによるビジネスの変革

Joe McKendrick (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-07-10 06:30

 プラットフォーム指向の企業がどんどん力を付けるとともに、エンタープライズAPIに対する興味が高まっている。その先にある最新の動向は、データとアナリティクスだ。

 オンラインプロバイダーと実店舗を運営する企業の事業統合という事例が増えてきている。AmazonによるWhole Foods Marketの買収もその一例だ。食料品の仕入れ/配達サービスの先には、購入した商品のピックアップサービスから、ドローンによる当日配達サービスに至るまでの果てしない可能性が広がっている。

 またこの買収は、あらゆる業界の枠を越えた新市場を形作っているもう1つのトレンドも象徴している。それは、プラットフォーム指向の大企業の興隆だ。ここでのプラットフォームとは、サービスの消費と生成、そしてその導管となるクラウドやAPIを指している。こうしたプラットフォームによって、技術やプロセスが企業の垣根を越えて広がり、ネットワーク効果を伴ってイノベーションと機会が生み出されていく。

 Amazonは、「Amazon Web Services」(AWS)の機能を利用するための「Amazon API Gateway」や、オンライン小売り業のアフィリエイト向けの「Product Advertising API」といったリソースを活用し、こういったAPIへの流れをうまく主導してきている。Joshua Seiden氏はMarketWatchの記事で、AmazonがWhole Foods Marketの買収を成功させるだろうとし、それはAmazonが小売業を理解しているためではなく、Eコマースを理解しているためでもないと述べている。Amazonは、プラットフォームであるがゆえに成功するだろうというわけだ。

 世界に向けてプラットフォームを開放し、世界からイノベーションとネットワークの成長を得られるようにする方法こそが、オープンなAPIなのだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]