編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

AMD、「Ryzen」投入でシェアV字回復の兆し

Sean Portnoy (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-07-06 10:11

 2017年、AMDはIntelの「Core」CPUとほぼ同等の性能を低価格で提供する「Ryzen」チップシリーズを発売し、復活を果たしたようだ。


 今回、AMDとIntelの両社が獲得に躍起になっている熱狂的なPCファンの間で、RyzenがIntelの巨大なシェアを少しずつ削り取っていることを示唆する新たな情報が公開された。ベンチマークユーティリティの「PerformanceTest」を提供するPassMarkによると、Ryzenチップの発売以来、テストされるCPUにAMDが占める割合が急増しているという。

 HotHardwareの要約によると、2016年末の時点で、PassMarkでテストされたCPUにAMDのCPUが占める割合はわずか17.8%で、同年の初頭から3ポイント近く減少したという。しかし、2017年中頃の時点では、その割合が26.2%まで回復している。Intelは今も支配的な市場シェアを握っているとはいえ、AMDの復活に少なくとも警戒感を抱くはずだ。

 現在、この90日間におけるPassMarkの人気CPUのトップ15に、Ryzenチップが2つランクインしている。具体的には、メインストリームの「Ryzen 5 1600」が5位、ハイエンドの「Ryzen 7 1700」が14位となっている。これはAMDに自信を与えるニュースだが、最も筋金入りのCPUユーザーに関して言えば、同社はまだまだ大きな差を付けられている。オーバークロックCPUのカテゴリでは、Intelが依然として1位~29位までを独占している。このリストで最初に出てくるAMDのプロセッサは、「Ryzen 7 1800X」だ。

 AMDは近い将来、次期「Ryzen ThreadRipper」CPUによって、このカテゴリでも存在感を高めたいと考えている。Ryzen ThreadRipperは16コアのチップで、Intelの新しい「Core X」シリーズのCPU(18コアの「Core i9 Extreme Edition」を含む)と競合する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]