AMD、「Ryzen」投入でシェアV字回復の兆し

Sean Portnoy (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年07月06日 10時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年、AMDはIntelの「Core」CPUとほぼ同等の性能を低価格で提供する「Ryzen」チップシリーズを発売し、復活を果たしたようだ。


 今回、AMDとIntelの両社が獲得に躍起になっている熱狂的なPCファンの間で、RyzenがIntelの巨大なシェアを少しずつ削り取っていることを示唆する新たな情報が公開された。ベンチマークユーティリティの「PerformanceTest」を提供するPassMarkによると、Ryzenチップの発売以来、テストされるCPUにAMDが占める割合が急増しているという。

 HotHardwareの要約によると、2016年末の時点で、PassMarkでテストされたCPUにAMDのCPUが占める割合はわずか17.8%で、同年の初頭から3ポイント近く減少したという。しかし、2017年中頃の時点では、その割合が26.2%まで回復している。Intelは今も支配的な市場シェアを握っているとはいえ、AMDの復活に少なくとも警戒感を抱くはずだ。

 現在、この90日間におけるPassMarkの人気CPUのトップ15に、Ryzenチップが2つランクインしている。具体的には、メインストリームの「Ryzen 5 1600」が5位、ハイエンドの「Ryzen 7 1700」が14位となっている。これはAMDに自信を与えるニュースだが、最も筋金入りのCPUユーザーに関して言えば、同社はまだまだ大きな差を付けられている。オーバークロックCPUのカテゴリでは、Intelが依然として1位~29位までを独占している。このリストで最初に出てくるAMDのプロセッサは、「Ryzen 7 1800X」だ。

 AMDは近い将来、次期「Ryzen ThreadRipper」CPUによって、このカテゴリでも存在感を高めたいと考えている。Ryzen ThreadRipperは16コアのチップで、Intelの新しい「Core X」シリーズのCPU(18コアの「Core i9 Extreme Edition」を含む)と競合する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算