編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら
米ZDNet編集長Larryの独り言

データセンター事業でさらなる成長狙うレノボ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-07-14 06:30

 レノボは最近、14種類のサーバプラットフォーム、7種類のストレージシステム、5種類のネットワークスイッチを一度に公開すると同時に、同社の新たなデータセンター市場戦略を明らかにした。問題は、このデータセンター重視の戦略が成功するかどうかだ。

 その可能性は高い。

 Lenovoの製品と戦略を評価し、役員にインタビューを行った結果、2014年にIBMのx86サーバ事業を買収して以来、同社にはこれまで「総合的な計画」が決定的に欠けていたということが見えてきた。LenovoはKirk Skaugen氏のリーダーシップの下で、営業、サプライチェーン、顧客に関する計画をまとめ上げた。同氏はIntel出身で、現在はLenovoのデータセンター部門でプレジデントを務めている。

Lenovo ThinkAgile CX2200 system for Microsoft Azure Stack in a 25U Rack

 Lenovoは重要なゴールをいくつか設定した。同社はスーパーコンピューティング企業のナンバーワンを目指している。また同社は、「レガシーフリー」という言葉も使っている。さらに、同社のサプライチェーンは、PCとほぼ同じペースでサーバを生産できる。つまりLenovoは、大規模なクラウドプロバイダーが好んで採用する、安価なノーブランドのハードウェアを作っているメーカーとも戦える生産能力を持ちながら、大企業に受け入れられる水準の知的財産や信頼性も提供できるということだ。

 ただしLenovoは、Dell TechnologiesやHewlett-Packard Enterprise(HPE)の後塵を拝しており、多くの領域ではCiscoやIBMとも戦う必要がある。

 Skaugen氏に「レガシーフリー」という言葉の意味を尋ねると、次のような答えが返ってきた。Lenovoにとって、レガシーフリーとは、ソフトウェア定義インフラストラクチャを実行できることを意味している。これが可能なのは、ストレージやネットワークシステムを追加で売る必要がないからだという。Lenovoは、守らなければならない「レガシー」な事業を持っていない。「どの取引先でも、さらに別のレガシーな何かを調達することはしたくないという話を聞く」と同氏は言う。「わが社には、1世代前の古い製品を押しつける必要はない」

 レガシーを持っていないことに加え、1秒当たり4台のデバイスを出荷できるサプライチェーンを持っていることが、Lenovoに価格と技術で競争できる余地を与えている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]