編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

RIZAPグループ、「結果にコミットする」クラウド基盤を構築

NO BUDGET

2017-07-07 13:19

 RIZAPグループは、顧客情報の統合管理と最適な商品やサービスを推奨する基盤づくりを目的に、Salesforce Marketing CloudとSalesforce Service Cloud、Salesforce Analytics Cloudを採用した。7月4日、セールスフォース・ドットコムが発表した。

  Service Cloudは、部門や業務間を横断した顧客のデータや情報をリアルタイムで共有するために活用する。トレーナー、コールセンターの担当者、栄養士、カウンセラー、店舗責任者やSV(スーパーバイザー)が同じ情報をベースに顧客を把握した上で、適切な対応を行っていく。

 Marketing Cloudは、一人ひとりの顧客に向けて、最適なタイミングで最適な商品・サービスを提案するために活用。ボディメイクの支援を実践する中で得られた各人の体質にかかわる情報に基づいたサプリメントや健康食品、あるいはボディメイクの効果による体のサイズの変化に応じたウェアなどを適切に推奨し、さらなる顧客満足度と顧客接点の向上を目指す。

 Analytics Cloudは、変わり続ける市場のニーズに対応した、より良い商品・サービスの創出につなげるために活用する。

 Salesforceの製品について同グループは、高い拡張性や柔軟性を兼ね備えていることや、今後事業拡大などに合わせてシステムを自社でカスタマイズしやすいことなどを評価し、採用を決めた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]