マルウェア「CopyCat」、「Android」1400万台に感染--高確率でルート化

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年07月10日 13時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュリティ企業Check Pointの研究チームが明かしたところによると、「Android」モバイルマルウェアの「CopyCat」は2016年、1400万台以上の端末に感染し、そのうち約800万台をルート化することに成功していたという。

 このマルウェアは、人気アプリに悪意あるコードを混入させて再パッケージしたアプリを通して拡散し、サードパーティーのストアやフィッシング詐欺を通して配布される(「Google Play」経由では配布されていない)。そして、端末に感染して、広告収入を得たり、盗んだりする。

 Check Pointの研究チームによると、この攻撃の背後にいるハッカーらは、世界中で約1400万台の端末を感染させて、そのうち約800万台をルート化し、2カ月の間に約150万ドルの利益を得ることに成功したという。同研究チームはこれについて、「前例のない成功確率」としている。


提供:Check Point

 端末に感染した後、CopyCatは疑いを避けるため、端末が再起動されるまで何もせずに潜伏し、再起動後に端末のルート化を試みる。Check Pointによると、CopyCatは感染した全端末の54%をルート化することに成功したという。「これほどの成功確率は、高度なマルウェアでもめったにない」(同研究チーム)

 CopyCatはルート状態を実現するため、Amazon Web Servicesのストレージサービス「Amazon S3」アップグレードパックを通して、Android 5.0以前の6つの脆弱性を利用する。CopyCatが探すそれらの脆弱性のいくつかは極めて古いものであり、最も新しい脆弱性も2年以上前に発見されたものだ。したがって、自分の端末にパッチを適用して、最新の状態を維持している人は、CopyCatを心配する必要はないはずだ。

 「これらの古いエクスプロイトが今でも有効なのは、ユーザーが自分の端末にめったに、あるいは全くパッチを適用しないからだ」(同研究チーム)

 その後、CopyCatはアプリ起動プロセス「Zygote」に悪意あるコードを注入する。これにより、攻撃者はアプリをインストールしてユーザーのリファラIDを自分のものに置き換えることで不正な利益を得たり、不正な広告やアプリケーションを表示したりできるようになる。

 この手法を最初に使ったのは、トロイの木馬の「Triada」だ。Kaspersky Labによると、Triadaはスーパーユーザー権限を取得した後、通常のLinuxデバッギングツールを使って、自らのDLLを埋め込み、モバイルブラウザを標的にするという。

 CopyCatによる被害を合計すると、不正な広告は感染端末の26%で表示された。一方、30%の端末は、Google Playでアプリをインストールするクレジットを盗むのに使われた。さらに、Check Pointによると、CopyCatは端末のブランドとモデル、OSバージョン、国名をCopyCatのコマンド&コントロール(C&C)センターに送信するという。


提供:Check Point

 CopyCatの攻撃は2016年4月から5月にかけてピークとなり、主にアジアのユーザーが感染した。米国でも28万件を超える感染が確認された。

 Googleによりこの攻撃キャンペーンは鎮静化され、現在の感染端末台数はかなり減少している。だが、マルウェアに感染した端末によって、犯人らは今も収益を得続けている。

 研究者らは、このマルウェア攻撃の犯人に関して正体が分からないとしているが、マルウェアのコードの一部が中国のアドネットワーク企業、Mobisummerにより署名されているため、関連を指摘している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化