編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
Microsoft Inspire

マイクロソフトの「Azure Stack」システムが受注開始--Dell EMC、HPE、レノボより

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-07-11 11:48

 Microsoftと「Azure Stack」のハイブリッドコンピューティングアプライアンスで提携しているDell EMC、Hewlett Packard Enterprise(HPE)、Lenovoの3社が、米国時間7月10日より受注を開始した。


 Microsoftの担当者は10日、パートナー各社は現在「Azure Stack Development Kit(ASDK)」ベースでの検証モードに入っていると述べた。Azure Stackサーバは2017年9月に顧客向けに出荷される見通しだ。

 Microsoftは先に、Azure Stackの価格とライセンスに関するデータシートをダウンロード可能にしている。

 Azure Stackは、特定のサーバハードウェアで動くアプライアンスの形で提供される。顧客は、Azureパブリッククラウドプラットフォームで稼働する多くのものを、自社やパートナーのオンプレミスデータセンターで動かすことができる。

 MicrosoftはAzure Stackを、真に一貫性のあるハイブリッドクラウドプラットフォームとしている。ユーザーはオンプレミスでAzure Stack内に保存されているデータに対し、Azureパブリッククラウドサービスを使うことが可能になり、同じAzureサービスベースのアプリケーションを、パブリックのAzureクラウドとAzure Stackの両方に実装できる。

 Microsoftとパートナー各社は、アプリケーションやワークロードを厳しい規制要件に対応する必要のあるユーザーのほか、AzureとAzure Stackの両方で動くアプリケーションをオンプレミスで構築したい開発者向けにもAzure Stackは適していると位置付けている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]