編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NTT ComとNTTPC、企業向けコンテナサービス提供へ--「Rancher」活用

NO BUDGET

2017-07-12 12:43

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)とNTTPCコミュニケーションズ(NTTPC)はDockerコンテナを管理するソフトウェア「Rancher」を提供する米Rancher Labsと企業向けコンテナサービスで協業する。7月6日に発表した。

 NTT Comは、10月からクラウドサービス「Enterprise Cloud」のメニューとしてプライベートコンテナサービスを提供する。NTTPCは2017年内にクラウドサービス「WebARENA」のメニューとして中堅中小企業向けパブリックコンテナサービスを提供する。

 Rancher Labsは、国内初のクラウドサービスプロバイダー向けのソフトウェアライセンスモデルを開発し、提供する。

 Rancher Labsのソフトウェア提供や技術支援の下、Rancherを活用したDockerコンテナサービスをクラウドで提供し、企業向けプライベートコンテナサービスを利用できるようにする。

Rancher Labsとの協業イメージ(NTT Com提供)
Rancher Labsとの協業イメージ(NTT Com提供)

 企業向けプライベートコンテナサービスでは、ウェブ管理UIやカタログ機能、コンテナ実行環境の管理とサポートを提供し、Enterprise Cloudのサービスと連携できるようになる。

 Rancher Labsが提供するDockerコンテナ管理ツール「Cattle」に加えて、Googleなどが開発を進める「Kubernetes」も利用可能。カタログ機能では、Rancherコミュニティーが提供する、多種多様なカタログを利用し、複数コンテナから構成されるシステムを容易に構築できる。

 作成したコンテナやシステム構成をカタログ化することで容易にシステムを複製、復元できるようになる。日本語と英語によるテクニカルサポートを利用てきる。

 NTT ComグループとRancher Labsは、7月から大手製造メーカーのIoT基盤で同サービスを実証、評価する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]