編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

人の役に立つAIを--グーグルの新プロジェクト「PAIR」

Zoey Chong (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-07-12 06:59

 AlphaGoは囲碁で人間に勝ったかもしれないが、その開発者らの本当の願いは人間の役に立つことだ。

 Googleは米国時間7月10日付けのブログで、「People + AI Research Initiative(PAIR)」という新しいプロジェクトにおいて、同社の研究者らは人工知能(AI)を人間にとってさらに有用なものにすることを目指して、人間とAIの間の関係に着目していると発表した。

 同社は、次の3つのレベルでAIを再考するつもりだという。つまり、日常生活におけるツールとしてのAIの利用方法、あらゆる分野の専門家がそれぞれの職務を軽減するためにAIを活用する方法、そして実用的なAI開発をエンジニアに伝授する方法だ。

 この新しい分野を開拓するために大きな動きに出たのは、Googleだけではない。ハーバード大学のバークマンセンターとMITメディアラボが指揮するEthics and Governance of Artificial Intelligence Fund(人工知能の倫理とガバナンスのための基金)は、公共の利益を目的としたAI開発に760万ドルの資金を援助するとしている。またGoogleは2016年に、Amazon、Facebook、IBM、Microsoftと連携して、Partnership on Artificial Intelligence to Benefit People and Society(人と社会に資するAIのためのパートナーシップ)という非営利団体を設立している。

 Googleは、PAIRの一環として、新しいオープンソースのツールや教育資料を提供するほか、研究成果を公開して、AI推進を支援していくという。


GoogleのAIプログラム「Alpha Go」は中国のトップ棋士Ke Jie氏(写真左)と5月に対戦した。
提供:VCG via Getty Images

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]