調査

プロダクションプリンタ市場では高速インクジェットプリンタが主流に--IDC

NO BUDGET 2017年07月15日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  IDC Japanは、7月11日、国内プロダクションプリンター市場に関する2017年第1四半期(1月〜3月)の実績を発表した。

 これによると、プロダクションプリンター全体の国内出荷台数は、前年同期とほぼ同数の約1610台。同市場全体の7割以上を占めているカラープロダクションプリンター(レーザー方式)は前年同期比2.7%減の1150台、モノクロプロダクションプリンタは同9.2%増の450台、高速インクジェットプリンタは前年同期と同じ7台だった。

 同調査におけるプロダクションプリンタとは、カラーの印刷速度70枚/分以上とモノクロの印刷速度110枚/分以上のプリンタで、ラベル/パッケージ用のプリンタは含まない。


国内プロダクションプリンターの出荷台数推移、2014年第1四半期〜2017年第1四半期

国内プロダクションプリンターの2017年第1四半期ベンダ別出荷台数シェア

 IDCでは、2017年第1四半期にカラープロダクションプリンターが前年同期よりも減少した理由として、2015年、2016年と増加が続いていた反動によるものとしており、今後、出荷台数は再び増加に転じると予測している。また、モノクロプロダクションプリンタの増加は置換需要によるものと考えられ、依然としてモノクロ印刷の需要は底堅いとみている。

 ベンダ別では、富士ゼロックスとリコーの2社で85%以上のシェアを占めている。上位5社のうち、富士通を除く4社(富士ゼロックス、リコー、コニカミノルタ、キヤノン)すべてがオフィス向けレーザーMFP(Multi-Functional Peripheral)ベンダーで、今後オフィス市場ではドキュメントワークフローやビジネスプロセスの見直しにより、プリント出力が徐々に減少し、オフィス機器の出荷台数も減少していくことが予測される。その中で、オフィスレーザーMFPベンダは市場拡大が期待できる市場として、プロダクションプリンターに注力している。

 機種別では、プロダクション市場は7割以上をレーザープリンタが占めている。しかし高速インクジェットプリンタはランニングコストや印刷速度で優位であり、印刷品質も向上している。またオフセットコート紙への印刷が可能なインクが登場するなど用紙対応力が向上しているため、レーザープリンターによる印刷の一部を置き換えが開始されているという。

 IDCでは、今後も高速インクジェットプリンタによる印刷は増加するとみており、さらに、高速インクジェットプリンタが、レーザープリンターでは印刷できなかった布や木材など紙以外への印刷を可能にすることも考えられるとしている。

   

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算