編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」
調査

再燃するマルウェア「Adwind」--航空宇宙業界を標的に急増中 - (page 2)

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-07-21 06:30

 Adwindのアクティビティが急激に伸びていることは、サイバー犯罪者らがダークウェブで販売されている「サービスとしてのマルウェア」を積極的に利用し、攻撃を展開していることを示唆している。Kaspersky Labの推定によると、Adwindのユーザー数は少なくとも1800人となっており、そのサブスクリプション料金だけで開発者らに年間20万ドル以上の収入をもたらしているという。

 Adwindが特に危険視されているのは、このマルウェアがほとんどのOSを標的にできるためだ。というのもこれは、Javaがインストールされているマシンであれば、WindowsやMac OS X、Linux、Androidのいずれでも動作する、クロスプラットフォーム対応のトロイの木馬であるためだ。つまり、獲物には事欠かないというわけだ。

 Adwindを用いたこの最新のスパムキャンペーンでは、フィッシングメールとソーシャルエンジニアリングの手法を使って被害者に悪意のあるリンクをクリックさせようとする。メッセージの差出人は「Mediterranean Yacht Broker Association Charter Committee」(地中海ヨット仲介協会のチャーター委員会)とされ、宛先のユーザーに対して、チャーター規約に関する緊急の変更項目を確認するためのリンクをクリックさせようとする。なお、差出人のアドレスも詐称されており、メッセージの正当性を醸し出すようになっている。


Adwindを送り込むために用いられた悪意のあるスパムメール
提供:Trend Micro

 悪意を持ったURLをクリックすると、リモートアクセス型のトロイの木馬であるAdwindを被害者のマシンに感染させるためのプログラム情報ファイル(PIF)が送り込まれる。その結果、マシンに格納されている、あるいはマシンがアクセスする機密データはハッカーの元に送信されるようになる。

 Trend Microの脅威アナリストらによると、この種の攻撃に用いられるソーシャルエンジニアリングからユーザーを守るためには、サイバーセキュリティを意識する文化の醸成がベストプラクティスの一つになるという。

 今回のキャンペーンでは航空宇宙産業に的が絞られているとはいえ、Adwindはその登場以来、教育業界やヘルスケア業界、政府機関、通信業界のほか、個人までをも対象とする数多くの攻撃に用いられてきている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]