編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
デジタル未来からの手紙

“人工知能のSIer”がAI時代のビジネス社会を構築する

林 雅之

2017-07-31 07:00

 機械学習など人工知能(AI)の進展と普及により、経済や産業へのインパクトが期待されている中、雇用への置き換えにも不安視がされている。今回、AIの経済や産業へのインパクトや、雇用などさまざまな調査データを参考にしながら、今後のAI時代のビジネス社会について整理する。

 アクセンチュアは7月5日、AIの利益とイノベーションに関するレポートの調査結果(日本語版)を公表した(英文レポート)。

 この調査によると、企業はAIの活用により、2035年までに収益が平均で38%向上し、先進12カ国、16業界では、新たに年間14兆ドルの粗付加価値(製品・サービスによって生み出される価値を示すGDPに近い:GVA)の創出が可能と予測している。

 AIが経済に与える潜在的なインパクトをGVAに基づいて算出し、16の業界でAI活用が進まないケースを想定した「ベースラインシナリオ」と、AIの影響力が市場に浸透した場合の成長を示す「AIシナリオ」で経済成長率を比較している。

 2035年時点の「AIシナリオ」成長率が、「ベースラインシナリオ」成長率と比べて、特に増加する業界は、情報通信(4.8%増)と製造(4.4%増)、金融サービス(4.3%増)と、この3業界だけで2035年に6兆ドルのGVAが新たに生まれると予測している。


2035年時点の年間GVA成長率を、ベースラインシナリオとAIシナリオで比較
出所:アクセンチュア 2017.7

 労働集約型の業界でもGVAの大幅な増加が予測され、教育業界では1090億ドル、社会福祉業界では2160億ドルの増加が見込まれるという。

 AIはそれぞれの業界で大幅な増収の機会をもたらし、卸売業や小売業などの労働集約型の業界では、AIが人間の労働力を補うことで生産性が高まり、2035年には60%近い増収が可能と予測している。

 製造業などの資本集約型の業界でも、機械にAIが組み込まれることで誤作動やダウンタイムが減り、常に高い利益率を確保が可能になり、2035年には39%の増収が可能になるとも予測している。


ベースラインシナリオと比較した場合の、2035年時点におけるAIシナリオの利益配当金の増加率
出所:アクセンチュア 2017.7

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]