編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Web PerformerとIM-BPMを連携させたBPMシステム開発--プロセスを最適化

NO BUDGET

2017-07-20 13:36

 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)とNTTデータ イントラマートは、業務プロセス管理(Business Process Management:BPM)システム開発分野で協業する。キヤノンITSのウェブアプリケーション自動生成ツール「Web Performer」と、NTTデータ イントラマートの「IM-BPM」を連携させたソリューションを7月下旬から提供する。7月11日に発表した。

 Web Performerは、必要なシステム要件を元に、GUIエディタなど可視化された開発画面を活用してシステムを開発。ウェブアプリケーションと同時にドキュメントを自動生成できるため、システム利用者が必要とするシステムの外部設計情報を素早く提供することができる。

 IM-BPMは、営業・販売や生産、物流など、これまで個別にシステム導入されることで分断化されていたビジネスオペレーションを一連の業務プロセスとして可視化、効率化する。企業の経営目標やビジネス戦略を実現するための全体最適な業務プロセス管理を実現し、かつ業務プロセスの継続的な改善や最適化にも効果を発揮するという。

Web PerformerとIM-BPMの連携イメージ(キヤノンITS提供)
Web PerformerとIM-BPMの連携イメージ(キヤノンITS提供)

 両製品を活用することで、働き方改革に欠かせない業務プロセス全体の最適化やビジネス戦略にあわせた独自性が求められる業務システムを迅速に開発できるとしている。

 Web Performerの税別価格は最小システム構成で360万円から。両製品を連携させたBPMシステムの開発やシステム導入については、キーウェアソリューションズをはじめとする両社のパートナー企業が担当する。

 キヤノンITSは、今回のBPMシステムのアジャイル開発ソリューションの提供などを加えることにより、Web Performerを中核とするSIソリューション事業で2020年に売上高50億円を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]