編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Oracle Cloud at Customer」のポートフォリオが大幅拡充--PaaS、SaaSなど

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-07-20 10:45

 Oracleは米国時間7月19日、顧客のデータセンター内にクラウド環境を構築する同社のクラウドサービス「Oracle Cloud at Customer」のラインアップを拡充したと発表した。これにより、同社が提供するPaaSやSaaSのほか、ビッグデータに焦点を当てたシステムすべてがサポートされる。

Oracle Cloud at Customer

 同社は決算発表時の電話会議において、AT&Tがいかにして複数のデータベースをCloud at Customerプラットフォームに移行するという決定に至ったのかについて強調していた。Cloud at Customerの肝は、Oracleがコンピュートやストレージ、ネットワークのための機材を顧客企業のデータセンター内に設置するところにある。これにより顧客システムは、その環境内でOracleのパブリッククラウドサービスを利用できるようになる。なお、このサービスにはサブスクリプション形式の価格が適用される。

 現時点での製品ラインアップには、「Oracle Cloud Machine」と「Oracle Exadata Cloud Machine」「Oracle Big Data Cloud Machine」が含まれている。このためパブリッククラウドを利用したいと考えているものの、規制の厳しい業界にあってデータを社外に出せない顧客に対してアピールするものとなっている。

 Cloud at CustomerによってOracleは、コンバージドシステムを販売するとともに、既存顧客を維持したままクラウドベースを成長させていけるようになる。企業はクラウドに向かっているものの、規制や業務上の要求によって一部のデータをオンプレミスに残している。このためOracleは例えば、EU一般データ保護規則(GDPR)に対する戦略として、Cloud at Customerを売り込んでいくことが考えられる。

 Cloud at CustomerのPaaSには、データベースとアプリケーション開発、アナリティクス、ビッグデータ、アプリケーションとデータの統合、アイデンティティ管理といったプラットフォームが含まれている。

 またSaaSには、企業資源計画(ERP)や人的資本管理(HCM)、顧客関係管理(CRM)、サプライチェーン管理(SCM)といったサービスが含まれている。

 Cloud at Customerには以下の「Oracle Cloud」サービスが含まれている。

  • インフラストラクチャ
  • データ管理
  • ビッグデータとアナリティクス
  • アプリケーション開発
  • エンタープライズインテグレーション
  • セキュリティ
  • SaaS

 現時点での顧客には、ラスベガス市や、Federación Colombiana de Municipios、Glintt Healthcare、HCPA、日本電気(NEC)、NTT、楽天カード、State Bank of Indiaが名を連ねている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]