編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

平和オート、デジタル変革を見据えて「SAP S/4HANA」などを採用へ

NO BUDGET

2017-07-24 15:58

 中古車の輸出販売を手掛ける平和オート(大阪府)は、将来的なデジタル変革に対応していくため、経営基盤システムとして「SAP S/4HANA」「SAP Hybris Commerce」を導入することを決めた。SAPジャパンが7月21日に発表した。

 平和オートは、1966年にバイクショップとして創業し、その後、四輪車の販売を開始した。1990年前半には、他社にさきがけて中古車の販売先を海外へシフトして、中古車輸出事業を強化してきた。現在、ニュージーランドをはじめ、世界十数カ国を対象に日本車の中古車輸出販売を展開している。

 同社は、グローバルでの事業拡大に伴い、業務の効率化、競合他社との差別化、海外における顧客対応力の強化を目指し、新たな経営基盤システムの構築を検討し、今回の導入に至った。

 2017年6月にSAP S/4HANAとSAP Hybris Commerceの採用を決定。ブライト・ビジネス・パートナーズの協力の下、システム構築を開始する。平和オートでは、SAP製品について、今後の拡張性、安定性と柔軟性、世界的に多くの実績を持つ点などを評価している。将来的には、モノのインターネット(IoT)を活用し、地理情報を取り込んだ車両管理やデジタルマーケティングの実現も視野に入れている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]