編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

IoT普及に拍車をかけるBluetoothのメッシュネットワーク対応、その仕組みとは - (page 2)

Charles McLellan (ZDNet UK) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ) 村上雅章 野崎裕子

2017-07-25 06:30

 セキュリティはIoTの活用にあたって重要な関心事であり、Bluetoothのメッシュネットワークにおいては義務的なものとなっており、(とりわけ)すべてのメッセージは暗号化されたうえで認証されるとともに、ネットワークやアプリケーション、デバイスのセキュリティは個々に取り組まれる。

 最後に、Bluetoothのメッシュネットワークは、メッセージのブロードキャスト時に1つあるいはそれ以上の特定のノードに対して直接ルーティングするのではなく「マネージドフラッディング(managed flooding)」と呼ばれるテクニックを使用しているため、信頼性と効率性が極めて高いものとなっている。

 もちろんながら、IoTのメッシュネットワークは、Bluetooth以外のものも存在している。例を挙げると、Zigbee Allianceは大規模IoT配備を目的としたマルチバンド型のメッシュネットワークである「Zigbee PRO 2017」を6月に発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]