編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
海外コメンタリー

二極化するアプリ開発の溝を埋めるセールスフォースの開発環境「Salesforce DX」 - (page 2)

Simon Bisson (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-07-25 06:45

 サンフランシスコで開催された同社の開発者向け年次イベント「TrailheaDX」の参加者らがこういった顧客の典型だというのであれば、同社は既に溝を埋めたと言えるだろう。しかもそれは、たった1つの流れではない。従来の開発者はSalesforceのAPIを使ってアプリを開発しており(APIトランザクションの過半数は、同社のSaaSプラットフォーム以外で生成されている)、Salesforceの管理者はTrailheadを利用してLightningのスキル身につけ、Salesforce独自のスクリプティングプラットフォームの使い方を学んでいる。

 HerokuはSalesforceの開発モデルにおける中核にあたり、そのツール環境は同社の新しい「Salesforce DX」プラットフォームの基盤となっている。2016年に発表されたSalesforce DXは現在、同社の全顧客に対してパブリックベータ版が提供されている。Salesforce DXは、近代的なコードファースト開発およびDevOpsプロセスを念頭に置いており、同社のウェブベースおよび「Eclipse」ベースのツール環境と、顧客自身が好む一連のツールを統合できるという製品だ。

 Salesforceにおける優先順位の変更によって生じた最大の変化はおそらく、同社の開発モデルの根幹の1つに対するものだろう。これまで、コードはSalesforceプラットフォームの外に出ることがなかった。もちろん、好きなエディタを使ったプロシージャや「Apex」コードの記述は今までも可能だったが、作業の多くは同社のクラウドサービス内で行う必要があり、テーブル定義やワークフローのエクスポートや管理はできなかった。すべてはSalesforce内で完結し、「org」内に配備したうえで、ウェブから使用するようになっていた。

 しかし、Salesforce DXの登場によって状況は一変する。新たなコマンドラインインターフェース(CLI)によって、ユーザーの選んだツール環境を用いるために必要となるツールが使用できるようになり、Salesforce orgから詳細を取得して、ユーザーの選んだ継続的インテグレーションのパイプラインに投入できるようにもなる。また、新たなコード開発プラットフォームである「scratch org」を迅速に配備する新ツールも用意され、本番移行までコードを他のSalesforce配備から隔離しておけるようにもなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]